インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ドコモ光の工事内容について、派遣工事と無派遣工事の違いを徹底解説

ドコモ光の工事内容の詳細記事(3)|ドコモ光の工事内容についてまとめたページです。新規でお申込みする場合、工事は時間や費用がかかったりするのでその詳細を解説していきます。

ドコモ光の工事内容について、派遣工事と無派遣工事の違いを徹底解説

ドコモ光や他社のインターネットを新たに申し込む場合、工事が必要だったり、その工事に少なくない費用がかかったりといったようにどうしても負担がかかってしまいます。 窓口で詳しく話を聞き、見積をした結果、想定よりも手間と費用が掛かってしまうというのは、どうしても起こり得ます。 それでも申し込みの際にそういった負担が少しでも軽くなったらいいですよね? 実は、無派遣工事、つまり担当者立ち合いの工事なしでドコモ光を設置することができる方法があります! この方法ならドコモ光の工事費が2,000円となり、工事の手間も費用も省けます。 ただ、無派遣工事で対応できる場合と出来ない場合があるので、どういった場合なら無派遣工事でドコモ光を設置できるのか紹介していきますね!!

ドコモ光の工事内容について、派遣工事と無派遣工事の違いを徹底解説

必ず派遣工事になってしまうパターン

まず、無派遣工事ではなく、絶対に派遣工事が必要な場合をご紹介します。
下記の場合は、残念ながら無派遣では設置できないです……。
その場合はキャンペーンを上手く利用して費用を抑えていましょう!

1、インターネット回線をはじめて引き、以前住んでいた住人もNTTのインターネット回線は利用したことがなかった場合

無派遣工事の条件として、すでにNTTの光ファイバーがご自宅まで繋がっていて、光コンセントが設置されている必要があります。
全くNTTの光回線を使ったことがない場合は、光回線の引き込みが必要となりますので、派遣工事となります。

2、他社コラボ光から乗り換える場合

他社コラボ光は同じNTTのインターネット回線を利用していますが、他社コラボ光からドコモ光に乗り換えるという場合も、派遣工事が必要となります。
「NTTのインターネット回線があるのになんで??」と思われるかもしれませんが、派遣工事が必要となる理由としては、「すでにコラボ光の契約で光回線をつかっているから」です。
NTTのインターネット回線の仕組みとしては、一つの光回線に1契約のみとなってしまうので、もう一本回線を使うのならそれを引き込むために工事が必要となります。

完全にコラボ光を解約してしまった後なら、無派遣工事ができる可能性もありますが、ドコモ光サービスセンターに問い合わせをし、センターの返答次第となります。
ただ、この場合、完全に解約することになるので解約から設置までインターネットが使えなくなってしまうので注意が必要です。

3、フレッツ光プレミアムマンションタイプから、ドコモ光マンションタイプへ転用する場合

フレッツ光からドコモ光に転用する場合は、基本的には、工事なしで切り替えができるのですが、フレッツ光のプランによっては派遣工事が必要になる場合があります。
2019年1月31日にサービス終了予定のフレッツ光プレミアムからドコモ光に転用を行う場合は工事が必要となります。
戸建てタイプの場合は、無派遣工事で機器類の入れ替え、マンションタイプの場合は、派遣工事で機器類の入れ替えが必要となります。
プレミアムマンションタイプから、ドコモ光に切り替えの場合は、担当者がお伺いする派遣工事が必要ですが、工事費はかかりません。
切り替えをしないとインターネットが使えなくなってしまうため、切り替えをしていない場合は早めに申し込みを済ませてしまいましょう。

無派遣工事

それでは、無派遣工事ができる場合についてお伝えしていきますね!

1:転用手続きの場合

フレッツ光ネクストからドコモ光に切り替えをする「転用」手続きの場合は無派遣工事で申し込みができます。
通信速度や品目の変更がない場合は工事費用もかかりません。
ただし、100Mbpsから1Gbpsに通信速度を変更する場合は、局内での切り替え、つまり無派遣工事で申し込めますが、工事費は2,000円かかります。
通信速度については、2,000円払っていただいて速くして頂く事もできますし、特に速さが気にならなようであれば、そのままの速度で転用できます。速度を変えない場合は工事費はかかりません。
転用手続きの場合はご自身でして頂くようなことはほとんどないので、料金が安くなるのであれば、申し込んでも損はないと思います。

2:光コンセントが残っている場合

次にドコモ光を新規で申し込む場合でも、無派遣工事(工事不要)ができることがあります。
対象になるのは、以前フレッツ光などのNTTのインターネット回線を利用していたことがあり、配線をそのまま残していて、光コンセントが残っている場合です。
または、以前住んでいた住人がNTTのインターネット回線を利用していたことがあり、配線や光コンセントがそのまま残っている場合が対象となります。

光コンセントが残っていれば、光センターから送られてくるONU(回線終端装置)やホームゲートウェイと光コンセントをつなぐだけなので、無派遣工事で簡単に接続する事ができます。
ただし、光コンセントが残っていても、無派遣工事で申し込めない場合があります。その理由は光コンセントが劣化していて、断線してしまっている場合などが挙げられます。
この場合は、光コンセントが使えなくなってしまっているので、派遣工事をしなければなりません。
つまり、光コンセントがあれば、ドコモ光を無派遣工事で設置ができる可能性がありますが、コンセントや配線の状況次第では派遣工事が必要になると考えて頂ければ思います。

まとめ

派遣工事が必要な場合と、無派遣工事(工事不要)で申し込みが可能な場合を紹介しましたが、ポイントとしては、NTTのインターネット回線がご自宅まで通っていて、光コンセントが設置されているかということがポイントとなります。
ただ、注意点としては、目安としては、配線や光コンセントが残っていることが無派遣工事ができるかどうかの判断基準となりますが、派遣工事か無派遣工事かの判断については、ドコモ光サービスセンター側での判断になるという事に注意が必要です。
ドコモ光サービスセンターでは、ドコモ光申し込み前には、派遣工事が必要かどうかの判断はできないため、申し込み後の判断となります。工事までの間なら、キャンセルも可能なので申し込んでみてから考えてみてもいいかもしれませんね!
または、今ならキャンペーンで工事費が無料になっています!
料金的な部分では、派遣工事でも費用が掛からない
ので、無派遣にこだわらずに派遣工事で申し込むのも一つの手ですね!

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「ドコモ光」をご検討中の方へ

ドコモ光回線の申込み窓口は非常に重要です。
各店舗(ドコモショップなど)でもそれぞれ特典などが変わりますし、スタッフの対応次第で内容が良くなったり悪くなったり…ということも事実あります。
ドコモ光を申し込むにあたり、プロバイダを選ぶ必要があります。
申込むプロバイダによってサービスが異なり、申込先によってはキャッシュバックも異なるため、
当サイトがおすすめの申込窓口を紹介させていただきます!

  • おすすめのお申込み窓口 GMO
  • キャッシュバックが最大2万円
  • dカードGOLDの申込も一緒にできる
  • v6プラス対応のルーターをレンタルできる
  • ドコモ光と同時に申込めるサービスが多数
  • 訪問サポートが無料で受けられる