インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ドコモ光の工事内容について、費用関連について徹底解説

ドコモ光の工事内容の詳細記事(1)|ドコモ光の工事内容についてまとめたページです。新規でお申込みする場合、工事は時間や費用がかかったりするのでその詳細を解説していきます。

ドコモ光の工事内容について、費用関連について徹底解説

ドコモ光などのインターネットの契約をするときに、まず最初に「工事費用っていくらかかるの?」と初期費用が気になりますよね? パンフレットを見ても、申込内容によって料金が違うので、自分の希望する内容だったらいくらになるのかわかりづらいこともあります。 ここでは、ドコモ光の初期費用についてお伝えしていきますね!

ドコモ光の工事内容について、費用関連について徹底解説

ドコモ光の工事内容について

ドコモ光の初期費用は大きく分けて、インターネット、固定電話、テレビの三項目でそれぞれ工事費用が設定されています。
勿論、全て工事しなければいけないわけではないです。
Wi-Fiの環境にできればいいというかたは、一番はじめのインターネットの工事費だけみてもらえれば大丈夫です!
電話やテレビはオプションのようなものなので、必要あればお読みくださいね!

インターネットの工事費用

ドコモ光のインターネットの工事費用は戸建てタイプとマンションタイプで工事費用が変わります。
それぞれの工事費用と初回の契約事務手数料がインターネットのみを申し込む場合の費用となります。

戸建タイプ
(工事費用)18,000円+(手数料)3,000円=21,000円
マンションタイプ
(工事費用)15,000円+(手数料)3,000円=18,000円

この場合の費用の支払い方法は工事翌月の一括払いか分割払いかどちらかを選べます。
分割回数については12,24,36,48,60回のいずれかを選んでいただけます。
事務手数料については分割払いはできません。

もともとの料金は上記の通りなのですが、今ならキャンペーン価格で申し込めます!

【キャンペーン】ドコモ工事費用無料キャンペーン

ドコモ公式のキャンペーンで2018年11月から2019年5月6日までご新規の場合の工事費用が無料になっています!

  • 戸建:18,000円→0円
  • マンション:15,000円→0円

つまりインターネットのみのお申し込みなら、事務手数料の3,000円のみで設置できるんですね!!
ドコモ光を検討されているのであれば、無料期間のうちにお申し込みされた方が圧倒的にお得ですね!

固定電話の工事費用

固定電話の初期費用は4パターンに分かれます。
固定電話の加入権というものを購入されている場合は電話番号をそのまま引き継げるので2か3のパターンの工事費用となります。
加入権って何?持っているかどうやったらわかるの?と思われた方もいらっしゃるのではありませんか?

簡単に言うと、固定電話を使う権利で、固定電話が普及しだした頃はこれを購入して、固定電話を使っていました。
NTT東西に問い合わせをすれば、加入権かどうかを確認できます。

確実ではないですが、もっと簡単な方法は、今現在は、ケーブルTVの電話を利用しているが、もともと持っていたNTTの固定電話番号をそのまま使っているという場合は加入権を持っている可能性が高いです!
NTT以外で新しく番号を作っていたら、ドコモ光にする際に電話番号も新しくなるので4のパターンになります。

  1. フレッツ光からドコモ光に乗り換える際に、同時に光電話もドコモ光にそのまま移行する場合
    → 工事費用0円
  2. NTTのアナログ電話から引き続き同じ電話番号を使う場合
    → 工事費用5,000円
  3. 電力系の光回線やケーブルテレビからドコモ光に乗り換える場合(NTT加入権あり)
    → 工事費用3,000円
  4. 新しく固定電話を設置するか、他社の電話番号を引き継げない場合(NTT加入権なし)
    → 工事費用1,000円

※ドコモ光の申し込みと固定電話の申し込みが別々の場合は別途事務手数料2,000円がかかります。

申し込み内容によっても料金が変わるので、ご自身の利用状況にあった方法で使っていただければと思います!

他社のコラボレーション光から、固定電話を引き継ぎたい場合

コラボ光から、固定電話を引き継ぎたい場合、同じNTT回線を使っていても、NTTのシステム上の問題でそのまま固定電話を引き継ぐことはできません。

コラボ光からドコモ光に切り替える場合は、二通り方法があります。

  1. 電話番号を引き継がず、新しい電話番号を作る。
  2. 費用と時間をかけて、同じ電話番号を引き継ぐ。

この2点となります。

1の方法は、新しい番号を作る手続きのみになりますので、固定電話の工事費用は1000円で済みます。
2の方法は、+1週間以上余分に時間がかかり、固定電話の工事費用が8,000円~15,000円となります。

費用と時間をかけても、コラボ光から固定電話を引き継ぎたい場合、下記の手続きが必要となります。

  1. NTTに連絡し、光電話からアナログ電話に戻す手続きを行う。
  2. アナログ電話の移行手続きが完了してから(完了まで約1週間)、ドコモ光の申し込みを行い、工事日程を決める
  3. ドコモ光の工事と同日に、ドコモ光電話に変更する手続きを行う。

少し面倒な手順になってしまいますが、どうしても固定電話を引き継ぎたい場合はこういった方法があるのでご検討いただければと思います。

(戸建プランのみ)テレビの工事費用

新築を建てる時などに、テレビアンテナを建てず、ドコモ光を利用して地デジやBSを視聴する方法があり、それを利用する場合は、テレビの工事費用がかかります。
テレビの工事費用がいくらかかるのかご紹介します!

ドコモ光テレビオプション工事費用

テレビオプションの工事はテレビの台数によっても工事費用は変わります。

  • テレビ台数が1台(ONUとTVが同室の場合)  12,300円
  • テレビ台数が1~4台 25,600円
  • テレビ台数が5台 28,100円
  • テレビ台数が6台 32,200円

台数によってはテレビ信号を全台数に送信できない可能性があるので、ブースターの設置が必要になる場合があります。(目安としてはTV4台以上の工事の場合)

  • ブースター設置費用 12,000円

※テレビ工事の際に特殊な工事が必要なケースもあり、別途料金がかかる場合があります。

【キャンペーン】スカパー同時申し込みの場合

テレビオプションの申し込みと同時にスカパー!を申し込むとテレビの工事費を抑えて頂くことが出来ます。

スカパーの月額利用料
1833円/月~(セレクト5の場合)
工事費用
1~3台 0円
4台 5,000円
5台 10,000円
6台 15,000円
ブースター設置費用
1台まで無料

工事費用が無料になるので、非常にお得なのですが、1点だけ注意点があります。

スカパーを24か月未満で解約した場合、解約金が19800円かかります。
つまり、24か月以上はスカパー!への加入が必須となります。

工事費用も抑えたいし、CSも見たい!!もしくは、試しに観てみたい!!
という方の場合は、スカパーに入って初期費用を抑えましょう

その他

今までお伝えしたものは一般的な工事パターンですが、それ以外のパターンについてもご案内していきます!

土日祝に派遣工事を実施する場合

土日祝や年末年始に工事を行う場合は別途工事費用がかかります。
土日祝と、年末年始(12/29~1/3)の場合は通常の工事費用に加え、別途3000円かかります。

フレッツ光からの切替(転用)時にかかる費用

フレッツ光からドコモ光に切り替え時には、基本的には工事費用0円で事務手数料の3000円のみでお手続きができます!
ただ、100メガや200メガの速度のプランから1ギガにしてスピードを速くしたい場合は工事費用がかかります。

1ギガ化する場合
無派遣工事:2000円
派遣工事を希望する場合:7600円

特にスピードが気にならなければ、そのままのスピードのままでも使えます!(その場合、通常の転用のお手続きなので工事費用はかかりません)

新しくドコモ光を設置する場合で、工事費用が安くなるパターン

新規でドコモ光を設置する場合、通常は電柱から線を引っ張ってくるので、工事費用がかかります。
しかし、マンションなどで以前住んでいた方がドコモ光を利用していて、引き込んだ配線が残っている場合は、派遣工事費用がかからず、無派遣工事(局内のみ)で済ませて頂くことが出来、工事費用を抑えられます。

  • ドコモ光無派遣工事:2,000円

実際に、無派遣工事で済ませられるのかどうかはドコモ光サービスセンターでの判断になりますが、運が良ければ、初期費用を抑えられます!

ドコモ光の工事費用を、インターネット、固定電話、TVに分けて解説していきましたがいかがでしたでしょうか?
工事内容によって必要な費用が異なるため、利用状況にあったものを申し込みしましょう!
また、代理店の窓口で相談しながら決めることもできます。疑問点や、不安なことも相談しながら決められるので、安心して申し込みができますよ!

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「ドコモ光」をご検討中の方へ

ドコモ光回線の申込み窓口は非常に重要です。
各店舗(ドコモショップなど)でもそれぞれ特典などが変わりますし、スタッフの対応次第で内容が良くなったり悪くなったり…ということも事実あります。
ドコモ光を申し込むにあたり、プロバイダを選ぶ必要があります。
申込むプロバイダによってサービスが異なり、申込先によってはキャッシュバックも異なるため、
当サイトがおすすめの申込窓口を紹介させていただきます!

  • おすすめのお申込み窓口 GMO
  • キャッシュバックが最大2万円
  • dカードGOLDの申込も一緒にできる
  • v6プラス対応のルーターをレンタルできる
  • ドコモ光と同時に申込めるサービスが多数
  • 訪問サポートが無料で受けられる