インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光を徹底比較【2019年最新版】。気になる料金と速度の評判とは。

ドコモ光と、フレッツ光のインターネット回線の卸売り事業である光コラボの一つである「楽天コミュニケーションズ光」の料金面やキャンペーンなどを比較して、どちらを利用するのがおすすめかを解説しているページです。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光を徹底比較【2019年最新版】。気になる料金と速度の評判とは。

「楽天コミュニケーションズ光」ってどんなサービス? 「楽天」という名前は通販や、最近だと2019年に携帯事業に参入するという事で話題になったり、耳なじみのある会社名だと思います。 楽天コミュニケーションズ光はフレッツ光のインターネット回線の卸売り事業である光コラボの一つです。NTTのインターネット回線を楽天が販売を行うことで、品質はフレッツ光のインターネット回線そのままで、楽天独自の特典やサービスを受けられるというものになっています。 同じく、コラボ光の一つで、携帯キャリアのNTTドコモが提供する「ドコモ光」と「楽天コミュニケーションズ光」を料金面やキャンペーンや特典などを比較して、どちらの方がおすすめかを解説していきます!

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光を徹底比較【2019年最新版】。気になる料金と速度の評判とは。
目次

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の料金比較

ドコモ光や楽天コミュニケーションズを利用するにあたって、毎月かかってくる月額利用料金と、初回にかかってくる初期費用と二通りの料金が必要となります。

ドコモ光の月額料金の比較

まずは、ドコモ光の気になる月額料金を見ていきましょう!

戸建:タイプA:5,200円、タイプB:5,400円
マンション:タイプA:4,000円、タイプB:4,200円

楽天コミュニケーションズ光の月額料金

次に楽天コミュニケーションズ光の月額料金を見ていきましょう!

戸建:4,800円
マンション:3,800円

それぞれの月額料金は以上の価格となっています。
比べてみると楽天コミュニケーションズ光の方が安いですね!
ただ、楽天コミュニケーションズ光はケータイキャリアとのセット割がつきません。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の月額料金を比較した結果おすすめは?

ドコモ光はドコモのケータイを利用していれば、ドコモケータイに対して毎月100円~3,500円の割引がつきます。
この割引は、ドコモ携帯電話のパケットプランによって割引額が変わるので、ドコモ携帯電話の利用状況によっては総額としてはドコモ光の方が安くなります。
例えばドコモのベーシックパックで5GB以上の利用があれば、携帯電話に対して800円の割引が付くため、ドコモ光の戸建てタイプAなら総額として400円はドコモ光の方が安くなる計算になります。

比較した結果をもとに、おすすめのといたしましては、利用している携帯がドコモの場合はドコモ光、ドコモを利用していない場合は楽天コミュニケーションズ光がお得といえるでしょう。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の契約期間と解約金の比較

インターネット回線を解約時に、問い合わせてみると思っていたより高い解約金を請求されて、解約を考え直したことのある方はいらっしゃると思います。
契約期間によっては、解約金のほかに工事費の残債を請求されたり、インターネット回線の撤去費用を請求されることもあります。
それぞれの事業者によって料金設定や契約内容が違うので、こういった部分も確認してから申し込んだ方が、失敗も少ないですよね?
そこで、楽天コミュニケーションズ光やドコモ光の、それぞれの契約期間や解約金の比較をし解説をしていきます。

楽天コミュニケーションズ光の契約期間と解約金

契約期間:2年契約(自動更新)または、3年契約(自動更新)
申込時のキャンペーン内容によって契約期間が変わってくるようです。
今現在のキャンペーン内容だと、3年契約が一般的になっています。
2年契約だと、開通から24か月目が契約満了で、その翌月が契約更新月で解約金のかからない月になります。
3年契約だと、開通から36か月目が契約満了で、その翌月が契約更新月で解約金のかからない月になります。
契約更新月以外に解約すると、2年時契約でも3年契約でも、解約金9,500円かかります。
契約更新月は契約満了月の翌月1か月のみなので、その点は注意しましょう。

また、楽天コミュニケーションズ光は、毎月10日締めで毎月10日以内ならば当月末に解約できるようです。
それ以降に解約の連絡をしてしまうと、翌月解約になり、翌月分の利用料もかかってしまうようなので注意しましょう。
例えば25か月目の契約更新月に解約したいなら、その月の10日までには楽天コミュニケーションズ光のカスタマーセンターに解約の申し込みをしておきましょう。

また、加入時のキャンペーンで、工事費が無料になっている場合、開通から1年以内に解約すると工事費を全額負担しなければならない場合もあるので、短期解約には注意しましょう。

ドコモ光の契約期間と解約金

ドコモ光の契約は、解約金がかからない定期契約なしプランと、2年定期契約プランが選べます。
ただ、2年契約の方が料金が安い上に、ポイントの特典や他にもキャンペーンなどが受けられなくなることもあるので、ほとんどの方が2年契約にする方が多い印象です。
ドコモ光の2年定期契約の場合、解約金は戸建てかマンションかによって違います。

戸建て:13,000円
マンション:8,000円

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の契約期間と解約金の比較した結果

マンションの場合ならドコモ光の解約金の方が安いですし、戸建てなら楽天コミュニケーションズ光の方が解約金は安いです。

ドコモ光の契約更新月については、24カ月目が契約満了月となり、その翌月と翌々月の2か月間が更新月で解約金がかからない期間です。
つまりドコモ光は楽天コミュにケーションズ光よりも、1か月間長めにに猶予があります。
また、ドコモ光の解約もドコモのインフォメーションセンターや、ドコモショップの窓口どちらでもできるので解約はしやすくなっています。
利用料金の締め日も月末締めなので、例えば25か月目の1日から26カ月目の31日までなら、解約金なしで解約できます。
比較した結果、ドコモ光の方が更新期間が1か月長いところがおすすめですね。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の特典とキャンペーンを比較おすすめは?

次にドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の申込時の特典について比較してみました。
ドコモ光も楽天コミュニケーションズ光もその都度キャンペーンは変わりますが、どちらも光回線に加入しやすくなるようなキャンペーンを実施しているため解説をしていきます。

楽天コミュニケーションズ光の特典とキャンペーン

・楽天スーパーポイント7,000ポイントプレゼント
・1G対応ルータープレゼント
・楽天ポイント200ポイントを毎月プレゼント
工事費0円(2019年7月31日まで)
※1年未満の解約は工事費を負担(戸建て18,000円、マンション15,000円)
※初期登録料は別途必要。800円(新規)または、1,800円(転用)

楽天コミュニケーションズ光は、最低でも1年は利用すれば工事費無料になります。
ルーターもプレゼントなので、初期費用は800円または1,800円でWi-Fiを使えるようになります。
また、楽天ポイントが初回7,000ポイント、毎月200ポイントもらえるので、楽天で買い物をされることが多い方は有効活用できますね!

ドコモ光の特典とキャンペーン

・dポイント10,000ポイントプレゼント
・dポイントは1,000円の利用料金につき10ポイント還元(通常)
dカードゴールド利用なら1,000円につき100ポイント還元
・工事費:マンション15,000円、戸建て18000円がキャンペーン価格で工事料金0円(2019年5月6日まで)
※事務手数料3,000円は別途必要

ドコモ光も工事費が0円になるキャンペーンがあり、仮に1年未満で解約したとしても工事費は0円のままです。
ポイントについては、ドコモのケータイとドコモ光の合計金額によってはゴールドカードを作るとよりお得に使えます。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の気になる特典とキャンペーンを比較した結果おすすめは?

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光は2社とも工事費無料ですが、楽天コミュニケーションズ光の方が事務手数料が、安いというところがいいですね。
ただし、ポイントでの特典を比べると、ドコモ光の方が3,000ポイント多いため、初期費用とポイントで差し引きすると同じくらいとなります。

Wi-Fiのルーターのプレゼントに関しては、ドコモ光はプロバイダのサービスとなるため、スペックで比べると楽天コミュニケーションズ光の方がいいようにも思えます。

ポイントに関しては、ドコモはdポイントは、ローソンやマクドナルドのほか使えるお店は増えてきています。
dポイント加盟店で買い物をよくするならドコモ光。
楽天でよく買い物するなら、楽天コミュニケーションズ光にするという選び方もいいかもしれませんね。
行っているキャンペーンと特典を比べるとどちらもおすすめですね。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の速度比較おすすめは?

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光はどちらもフレッツ光のインターネット回線を使っているので、もともとの速度は変わりません。
ただ、選ぶプロバイダや、時間帯や場所による回線の混み具合で通信速度は変わる可能性は高いです。
正直なところ混み具合については運任せなところはあるのですが、通信速度については、他の部分に注目した方がよさそうです。
最近だとv6という規格に対応しているかしていないかが通信速度に関わってきます。
v6というのは簡単に説明すると、インターネットプロトコルの新しい規格で、道路に例える混み合いの少ない道路を通って情報を伝えることができるので、効率よく高速通信が使えるといったものです。

ドコモ光の速度

ドコモ光については、25社の中から好きなプロバイダを選べますが、プロバイダによってv6プラスに対応しているもの、していないものがあるので、ドコモ光でプロバイダを選ぶ場合は、v6プラスに対応しているプロバイダを選ぶようにしましょう。

楽天コミュニケーションズ光の速度

楽天コミュニケーションズ光は選べるプロバイダは3種類です。

楽天ブロードバンド
楽天ブロードバンドプレミアム
SANNET

今のところv6プラス対応しているプロバイダはSANNETだけです。

SANNETってなに?
どんな会社?
とご質問をいただくことが多いため簡単にご紹介させていただきますので簡単にご紹介をさせていただくと、三洋電機のIT部門、「三洋ITソリューションズ株式会社」が行っていた、インターネットプロバイダサービスです。

その会社が楽天グループに買収されたことで、楽天コミュニケーションズ光のプロバイダとして選ぶことが出来ます。

そのため、楽天コミュニケーションズ光を利用する場合で、速度で選ぶならv6対応しているSANNETを選ぶ方がいいでしょう。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の速度比較した結果おすすめは?

インターネット回線はフレッツ光の回線を使っているため、基本的なところは同じですが、ドコモ光の方が選べるプロバイダとv6プラスに対応しているプロバイダが多いため、ドコモ光の方がおすすめです。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光サービス面の違いおすすめは?

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光は提供されるオプションなどにも違いがあります。
特に光電話やフレッツ・テレビなど多くの方が利用されるサービスについても、申し込み方法や請求方法が異なってきます。
また同じフレッツ光のインターネット回線を利用しているドコモ光と楽天コミュニケーションズ光ですが、光電話やフレッツ・テレビの申し込み方法が違います。
ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光の光電話やテレビについて解説していきます。

ドコモ光の光電話やフレッツ・テレビなどのオプションについて

ドコモ光の申し込みと同時に光電話やドコモ光テレビオプション(フレッツ・テレビ)の申し込みができ、請求もすべてドコモにまとまります。
そのため、なにかあればドコモに問い合わせをすればいいので管理が楽といえるでしょう。工事の際の初期費用も一部を除きドコモに請求がまとまります。

楽天コミュニケーションズ光の光電話やフレッツ・テレビなどのオプションについて

楽天コミュニケーションズ光は、光電話やフレッツ・テレビについては、インターネット回線と別途申し込みになります。

申し込み方法は、楽天コミュニケーションズ光を申し込みをした後、NTT東西に連絡をして、電話やテレビの申し込みや工事依頼を行うという手順になります。
また、請求についても光電話やフレッツテレビについてはNTT東西からの請求となり、請求をすべて楽天でまとめることはできません。
楽天コミュニケーションズ光からはインターネット回線の料金請求、NTT東西からは光電話やフレッツ・テレビの料金の請求が別々に届く形となります。
当然、問い合わせ先もインターネット回線については楽天コミュニケーションズ光、固定電話やTVについてはNTT東西に問い合わせとなるので、少し管理が面倒と感じるかたもいらっしゃるでしょう。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光サービス面の違いを比較した結果おすすめは?

楽天コミュニケーションズ光は、インターネット回線の料金と光電話などのオプションとの支払が別々になったり、問い合わせ先の窓口が一つにまとまっていないところが残念です。

ドコモ光は問い合わせ窓口がショップやインフォメーションセンターでどちらでも行えるというところや、支払も一つにまとまって管理がしやすいため、おすすめですね。

インターネット回線だけでなく、光電話やフレッツTVの利用を考えている場合は申し込む際に注意しましょう。

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光総評おすすめは?

ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光を比べてみましたが、携帯のキャリアとセットにするかどうかで料金に差が生じたり、電話などのオプションサービスの取り扱いが違うといったところに差がありますね!
どちらかのインターネット回線で選ぶなら、以下をふまえて選ぶといいでしょう。

料金
基本料金だけで比較してみると、楽天コミュニケーションズ光の方が安いが、ドコモ光は携帯電話とのセット割がつくため、セット割を含めて考える
特典・キャンペーン
ドコモ光と楽天コミュニケーションズ光のポイントの特典については、楽天スーパーポイントかdポイントどちらをよく使うか。
速度
v6プラスに対応しているプロバイダを選べばOK。
オプションや手続き面:光電話や、フレッツテレビなどのオプションをドコモ光の場合は、ドコモ一か所で管理したり申し込みもできるが、楽天コミュニケーションズ光では楽天の一か所で管理や申しこみできないという点の違い。

おすすめとしては、ドコモの携帯電話を持っていなくて、楽天をよく使うなら楽天コミュニケーションズ光、ドコモの携帯電話を持っているならドコモ光を選ぶといいのではと思われます。
それでも「どちらがいいか迷う」「直接話を聞いてみたい」という場合はそれぞれの代理店に話を聞いてみてから決めてもいいでしょう。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「ドコモ光」をご検討中の方へ

ドコモ光回線の申込み窓口は非常に重要です。
各店舗(ドコモショップなど)でもそれぞれ特典などが変わりますし、スタッフの対応次第で内容が良くなったり悪くなったり…ということも事実あります。
ドコモ光を申し込むにあたり、プロバイダを選ぶ必要があります。
申込むプロバイダによってサービスが異なり、申込先によってはキャッシュバックも異なるため、
当サイトがおすすめの申込窓口を紹介させていただきます!

  • おすすめのお申込み窓口 GMO
  • キャッシュバックが最大2万円
  • dカードGOLDの申込も一緒にできる
  • v6プラス対応のルーターをレンタルできる
  • ドコモ光と同時に申込めるサービスが多数
  • 訪問サポートが無料で受けられる