インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

So-net光プラスを徹底解説。料金や回線速度、割引など契約前に気になる情報を一挙ご紹介。

SONYグループSo-netが提供する、So-net光プラスの料金やインターネット回線の通信速度やauとセットにすることで受けられる割引サービスなどについて紹介させていただきます。So-net光プラスをご検討中の方はぜひ参考にしてください。

So-net光プラスを徹底解説。料金や回線速度、割引など契約前に気になる情報を一挙ご紹介。

SONYが提供するインターネット回線のSo-net光プラス。NURO光と合わせて検討されている方は多いのではないでしょうか。インターネット回線を利用するのあたって気になる料金や初期費用はもちろん利用にあたってのメリットやデメリットをまとめてご紹介します。

So-net光プラスを徹底解説。料金や回線速度、割引など契約前に気になる情報を一挙ご紹介。

So-netってどんな会社?

まずはSo-net光プラスを提供する会社であるSo-netの基本情報を確認したいと思います。
So-netはご存知の方も多いかと思いますが、SONYの連結子会社となります。

会社名 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
設立 2000年3月21日
資本金(2019年3月現在) 9億6772万円
主要株主 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
所在地 本社
〒141-0032
東京都品川区大崎2丁目11番1号 大崎ウィズタワー12階
TEL:03-5435-7930

規模としては非常に大きな会社となるのですが、これが連結子会社と聞くと驚きますね。
親会社のSONYはいくら稼いでいるのか・・・。さすがはSONYさんといったところです。

So-net光プラスを利用するメリットとは

まずSo-net光プラスを利用するにあたってのメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

So-net光プラスのメリット

So-net光プラスは光回線の中でも比較的多くの利用者がいる回線の一つになります。
その中でもどんなところがいいのか確認しましょう。

①フレッツ光の回線を利用しているので速度が安定する。
So-net光はいわゆるコラボ光と呼ばれるサービスになるのですが、NTTフレッツの提供する光回線の卸を受けているので品質は国内NO.1と言えます。
②IPv6プラス対応なので速度が安定する。
IPv6プラスとは、従来型の通信方法のIPv4と次世代型の通信方法のIPv6の両方を利用する通信方式です。
簡単に言えば車で高速道路と一般道の両方を利用して目的地に向かうイメージになります。
空いている道を利用するので、回線が込み合うことは基本的になく、常につながりがいい環境で利用することができます。
③総合セキュリティーサービスS-SAFEが標準装備
通常のコラボ光サービスであれば500円ほど支払って利用するセキュリティーサービスが標準装備で利用することができます。
光回線の契約期間中であれば自動で更新もされるので安全にインターネットを利用することができます。
さらに最大7台の機器で利用できるので、パソコンやスマホも安心して利用できます。
④選べるキャンペーン
So-net光プラスでは申込時にキャンペーンを選ぶことができます。
通常であればキャッシュバック○○円と決まっていることが多いのですが、他社解約金負担+毎月の割引であったり、最大35,000円キャッシュバックであったりと利用する人に合わせてキャンペーンを選ぶことができるので、メリットの1つといえるでしょう。
⑤auスマートバリューが適用できる光回線
これは大きなメリットと言えます。auスマートバリューの適用できる回線は、au光や電力系光があるのですが、どちらも回線の安定感がなかったり提供エリアが限られていたりとデメリットの多い回線となります。
その中でNTTの回線を利用するSo-net光プラスは全国90%以上のエリアで利用でき回線も安定するため良質な通信環境を提供しています。
NTTの回線を利用していてもauスマートバリューを適用できる点は大きなメリットではないでしょうか。

So-net光プラスのデメリット

やはりメリットばかりでは心配かと思うのでSo-net光プラスのデメリットもあげていきます。

①高めの基本料金
光回線の基本料金は平均すると戸建タイプで5,200円となるのですが、So-net光プラスは5,580円と少し高めに設定されています。
もちろんキャンぺーンを適用することで少なくとも1,500円は割引が入るので他社よりも安い金額となるのですが、基本料金が高いと少し抵抗があるかもしれません。
②工事費の支払いは分割のみ
So-net光プラスでは工事費の支払いが分割のみとなります。
実質0円なので実際に工事費が発生することはありません。
しかし分割期間内に解約する場合、工事費の残債が一括で請求されてしますのでデメリットと取られる方も多いかと思います。
③工事が必要
光回線を利用するためには避けることはできませんが、工事がデメリットと感じる方もいらっしゃるかと思います。
必ずしも穴をあけたりするわけではないので、どのような工事になるのか一度確認してみるのもいいかもしれませんね。

So-net光プラスの基本の料金や費用を確認しよう

それではインターネット回線の情報を整理していきたいと思います。
ここでは利用するために発生する費用にスポットを当ててみていきます。

So-net光プラスの月額利用料金

So-net光プラスではインターネットサービスのほかにインターネット回線を利用した光電話やインターネット回線を利用して地上波・BS放送が視聴できる光テレビ、50チャンネル以上のCS放送が視聴できるひかりTVなどを利用することができます。
インターネットサービス・電話サービス・テレビサービスの3つに分けてこまかく料金を確認していきます。

光回線の利用料金

So-net光プラスの月額料金は住居タイプによって変わります。
マンションタイプの適用になるか戸建タイプの適用になるかは、申込時に確認できるので、集合住宅だからマンションタイプと決めつけないようにしましょう。

月額利用料金
住居タイプ 月額利用料金 契約期間 解約金(更新月以外)
戸建タイプ 5,580円 36ヶ月 20,000円
マンションタイプ 4,480円 36ヶ月 20,000円
So-net光プラスでは利用開始から37・38ヶ月目が更新月となります。

固定電話の利用料金

月額利用料金
サービス名 月額利用料金
基本プラン 500円
セットプラン 1,500円
So-net光プラスで利用できる電話サービスには2種類のプランがあります。
どちらも通話料が3分で8円となるのですが、セットプランの場合、6つのオプションサービスと480円分の無料通話サービスを利用することができます。
オプションサービスについては追加で契約をすることも可能なので確認しましょう。
オプションサービス
サービス名 利用可否 詳細
基本プラン セットプラン
発信者番号表示 400円 電話に出る前にかけてきた相手の電話番号がわかります。
ナンバーリクエスト 200円 電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に「番号を通知してかけ直すよう」音声で伝えます。
通話中着信サービス 300円 カンタン操作で、お話し中にかかってきた電話とお話ができます。
着信転送サービス 500円 ひかり電話にかかってきた電話を携帯電話等に転送できます。
着信拒否サービス 200円 しつこい迷惑電話をシャットアウトします。
着信お知らせメール 100円 電話がかかってきたことを携帯電話等へメールでお知らせします。
FAXお知らせメール 100円 FAXが届いたことを携帯電話等へメールでお知らせします。
追加番号 100円 契約番号+追加4番号で、最大5番号まで利用可能です。
ダブルチャネル 200円 最大2チャネルでの同時通話が可能です。

NTTの加入電話の場合、基本料金が1,700円かかることに合わせて、通話も3分で8円~80円と距離によって料金が変動します。
ひかり電話の場合だと月額500円から利用でき、通話料金も3分で8円となるので、固定電話を利用される方にとってひかり回線への切り替えはメリットといえるかもしれません。

テレビの利用料金

So-netで利用できるテレビサービスはSo-net光テレビとひかりTVの2種類があります。

月額利用料金
月額料金 詳細
So-net光テレビ 750円 光回線を利用して地デジ・BS放送を視聴できます。
ひかりTV 1,500円~3,500円 NTTぷららが提供するサービスで、地デジ・BS・CS放送を視聴できます。

地デジ放送は視聴できるエリアが限られているので、注意が必要です。
利用できないエリアの場合、アンテナを利用して視聴するかケーブルテレビを提供する会社へ問い合わせることになります。

So-net光テレビ 提供エリア
エリア
東日本エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・福島県・北海道
西日本エリア 大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・滋賀県・兵庫県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・広島県・岡山県・香川県・徳島県・福岡県・佐賀県
ひかりTV 提供エリア(地上デジタル放送)
ひかりTVは(株)NTTぷららが提供するサービスです
エリア
東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)
西日本エリア 大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県
ひかりTVに関してはフレッツ光もしくはコラボ光の回線であればCS放送を視聴することができますが地デジ放送の視聴に関してはエリアの確認が必要になります。

So-net光プラスのキャンペーン(2019年7月現在)

So-net光プラスはキャッシュバックなどのキャンペーンが大きいことも人気の理由の1つです。
他社のひかり回線とは異なり、公式キャンペーンとweb代理店独自キャンペーンの2種類のキャンペーンを受け取ることができます。

So-net光プラスキャンペーン

公式キャンペーンでは3つのキャンペーンから還元方法を選ぶことができます。
今回はネットモバイルという代理店の還元を確認していきます。

So-net公式キャンペーン 代理店独自キャンペーン
コース1 他社解約金最大50,000円まで保証 キャッシュバック最大20,000円
コース2 キャッシュバック30,000円 キャッシュバック最大15,000円
コース3 キャッシュバック20,000円
+
11ヶ月間1,000円割引
キャッシュバック最大15,000円
コース4 なし 最大35,000円

基本的にはこの4種類のいずれかのパターンで還元を受けることができます。
他の代理店もこういったキャンペーンを行ってはいるのですが、注意するべき点はキャッシュバックを受け取ることができるタイミングです。

還元時期
So-net光プラス公式キャッシュバック 開通の6ヶ月後
ネットモバイル独自キャッシュバック 開通の翌月

ネットモバイルの独自キャッシュバックは開通の翌月に受け取ることができます。
このスピードは業界一となるので要チェックです。
ほとんどの代理店ではキャッシュバックを受け取れるタイミングを3~6ヶ月後に設定しています。

キャッシュバックの受取のタイミングが遅く設定されるのには理由があります。
キャッシュバックを受け取るためには

  1. 受取口座の登録
  2. 指定口座に振込

この2つの手順になるのですが、この2つをできるだけ複雑に遅いタイミングで行うようにすることでキャッシュバックの申込み漏れが発生します。
そうすることで本来支払うべきキャッシュバックを行わなくてよくなるので、代理店に利益がのこりますよね。
そのため代理店としては複雑な方法でできるだけ遅く還元したいというのが本音でしょう。

そのため開通の翌月に確実にキャッシュバックを受け取れるネットモバイルは評価が高いです。

So-net光プラスの初期費用

利用するために発生する費用として欠かせないのがこの初期費用です。
特にインターネット以外の電話やテレビを利用したい方は要チェックです。

光回線の工事費用

まずは光回線から見ていきましょう。
So-net光プラスの回線工事費は実質0円になります。
実質なので注意してください。

工事費
戸建タイプ 400円×60回
マンションタイプ 500円×48回

回線工事費は戸建タイプ、マンションタイプ関係なく24,000円になります。
支払い方法は分割のみとなるのですが、毎月分割の金額と同額の割引が受けられるので実質0円となっています。

解約の際に工事費の分割が残っている場合は一括で請求が来るので注意が必要です。

固定電話の工事費用

So-net 光 電話とは光回線を使ったIP電話サービスで、NTTで電話の加入権がある場合には電話番号もそのまま利用することができます。

番号継続可否 初期費用
新しく設置 新しい番号を発番 新番発行費用:1,000円
NTTのアナログ電話からの切り替え 番号そのまま利用可能 アナログ休止費用:2,000円
番号ポータビリティー費用:3,000円
他社ひかり電話を利用中(コラボ光) 番号そのまま利用可能 番号ポータビリティー費用:0円
他社ひかり電話を利用中(コラボ光以外) 番号引継ぎ不可 新番発行費用:1,000円

基本的にどの場合でも費用は発生します。
新しく番号を発番すれば費用が抑えられますが、固定電話の番号が変わると都合が悪い方も少なくはないかと思います。

POINTコラボ光とは
NTTの光回線と、自社のプロバイダサービスをセットにして提供するサービスのこと。
So-net光プラスやドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、ぷらら光など2019年7月時点で500社以上での取り扱いがあります。

テレビの工事費用

So-net光テレビとひかりTVでは初期費用が大きく異なります。
So-net光テレビでは少なくても11,300円料金が発生します。
一方ひかりTVでは初期費用は発生しません。
この2つの視聴方法をこまかく確認していきましょう。

So-net光テレビの初期費用
費用
伝送サービス工事費 3,000円
テレビ伝送サービス利用登録料 2,800円
単独工事(テレビ1台まで) 6,500円
共聴工事(テレビ4台まで) 19,800円

上記の料金が基本料金になるのですが、建物の構造や電力の関係で費用が前後します。

単独工事はONUとテレビを同じ部屋に設置する必要があります。

1台のテレビでフレッツ・テレビをご利用のお客さまの場合(例)

2台以上テレビがある場合や現在テレビが1台でも今後テレビの数を増やす予定がある場合は共聴工事が必要になります。

複数台のテレビでフレッツ・テレビをご利用のお客さまの場合(例)

So-net光テレビの特徴としては、固定の光回線を利用してテレビを視聴するためアンテナでの視聴のように天候によって映像が乱れることがありません。
他にもアンテナのように劣化による取り換えを行う必要がないので、快適に地デジ・BS放送を視聴できます。

ひかりTVの初期費用
ひかりTVは簡単2ステップで利用可能

ひかりTVでは初期費用は発生しません。
本来3,000円の事務手数料が発生するのですが、現在キャンペーン中で費用が発生しないようになっています。
ひかりTVで地デジやBSを視聴する場合、以下の2点に注意が必要です。

  1. 地デジ・BSの視聴可能エリアかどうか。
  2. ひかりTVのモデムまで有線接続が可能か

ひかりTVは専用のモデムを光回線に接続して利用するのですが、無線接続になると映像が不安定になるようなので、有線接続をおススメします。

まとめ

最後にSo-net光プラスがどんな人におすすめなのかまとめたいと思います。

So-net光プラスはこんな人におすすめ
スマホをauで利用している。
パソコンやスマホのセキュリティーは必須
キャッシュバックがたくさんほしい

上記いずれかに当てはまる方は一度So-net光プラスを検討されてはいかがでしょうか。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「So-net 光 プラス」をご検討中の方へ

インターネット回線でも契約出来る窓口はたくさんありますが、申込窓口によって料金案内が違ったり、
キャンペーン内容も異なるためどこを選んでいいかわからないことがよくあるかと思います。

私たちがおすすめしているSo-net 光 プラスお申込みWeb代理店は、
お客様に少しでも満足していただけるように日々模索しながらいろいろな提案を行ってくれます。

おすすめのポイントをまとめてみました!

  • インターネット回線に詳しいスタッフが多数在籍している
  • 業界の中でも高水準のキャッシュバック
  • キャッシュバックまでの還元時期が早い
  • 月額の料金や初期費用などわかりやすく説明してもらえる
  • 「So-net 光 プラスお申込み正規Web代理店」のイメージ画像