インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

So-net光プラスのv6プラスについて徹底解説。気になる速度と評判は。

So-net光プラスでも利用できるようになりました次世代のインターネット接続方式のv6プラスについて徹底解説。通信速度の改善が見込めたり、設定方法も簡単ですのでご利用をおすすめします。また、So-net光プラスのお得な情報もお伝えします。

So-net光プラスのv6プラスについて徹底解説。気になる速度と評判は。

So-net光プラスにはv6プラスが無料で付いています。そのため、So-net光プラスを利用中の方なら誰でも利用できるサービスとなります。 いきなり無料でついていると言われてもv6プラスってなんなのと思われる方もいているかと思いますので、今回は次世代高速通信サービスv6プラスのサービス内容と速度について解説をしていきます! v6プラスとは、インターネット回線で最も速度が出ると言われている光回線でもインターネット利用者の多い夜などは、回線が混雑して通信が重くなり速度が落ちる特徴があります。それを解決してくれるサービスがv6プラスです。 専門用語も多く色々出てきますが、なるべく記事を読んで多くの方にわかっていただけるように簡単に解説いたします。

So-net光プラスのv6プラスについて徹底解説。気になる速度と評判は。

v6プラスとは?

では、本題に入っていきます。
ここからは特に専門用語も出てきますので順次解説はしていきます。

v6プラスとは日本ネットワークイネイブラー株式会社が提供しているインターネット接続サービスです。
プロバイダがv6プラスを導入していて提供しているのであれば、フレッツ光やコラボ光の光回線で利用ができます。

具体的には、パソコンやスマホなどインターネットに接続する際にネットワーク上での機器を識別するために、インターネットに繋がる機器1台1台に割り当てられている住所のような役割を持つIPアドレスと呼ばれるものが存在します。
今多くのインターネットで使用されているIPアドレスであるIPv4と、次世代のIPアドレスであるIPv6を「IPoE接続」という方法で利用するサービスになります。
簡単に言うと速度がパワーアップしたと思っていただければけっこうです。

IPv4とは?

まずは、IPv4についてです。

前半のIPの部分が何なのかお伝えをすると、インターネットプロトコルの略になります。
これは、インターネットを接続したパソコン同士がデータをやり取りするためにデータの通信方法を定めた約束事や規約になります。

v4とはバージョン4と言うことで第4版となりまして、インターネットが普及し始めた1990年後半から使われるようになり現在も多く使われています。

IPv4のアドレスの総数が約43億個となります。
インターネットの爆発的な普及により、上記の数字を見てもらえればわかるかと思いますが世界の人口よりも少なくアドレスの数が枯渇してきている状況になりました。
そこで、次にご説明するIPv6という新しいプロトコルが必要になりました。

IPv6とは?

IPv6はバージョン6となり新しい次世代のインターネットプロトコルになります。
先ほどアドレスの数が足りないということで単純にアドレスを増やしたのかなとお思いですが、その数がとんでもない数になりました。

IPv6の登場でアドレス総数が340澗(かん)個となりました。
聞いたこともない数字かと思いますが、この数字は340兆の1兆倍の1兆倍です。
事実上では無限
とも言える数になりました。

また、数が膨大に増えたことにより家電を含め様々な機器がIPv6のアドレスを使えるようになります。
ただ、IPv6に対応しているサイトがまだまだ少ないのが現状です。
対応しているサイトの代表例としてGoogle、YouTube、Gmail、Facebookなどが挙げられます。

IPv6対応と書いているだけでv6プラスに対応している訳ではない

各光回線の説明でIPv6対応と表記されていることもありますが、それだけではv6プラスに対応していることになりませんのでその部分を説明したいと思います。

IPv6 IPoE接続では制限が

先ほど紹介したIPv4とIPv6にはそれぞれ接続方法があります。
IPv4でのインターネット接続に使われているのが「PPPoE接続方式」と呼ばれ、別名「トンネル方式」とも呼ばれます。
簡単にPPPoE接続方式の仕組みを説明すると、プロバイダから割り当てられるユーザーIDとパスワードを使って認証を行い、認証が通ったらプロバイダを経由してインターネットに接続ができる仕組みです。

一方IPv6では、主に「IPv6 IPoE接続方式」が使われていて別名「ネイティブ方式」とも呼ばれています。
こちらの仕組みはPPPoE接続方式のように認証は行わずに、直接インターネットに接続する方式になります。
従来型のPPPoE接続方式とは異なる通信設備を経由することになります。

「IPv6 IPoE接続方式」は混雑しにくい経路を経由してインターネット接続をすることができるようになります。
このため、IPoE接続方式はPPPoE接続方式に比べて通信速度が速くて安定しやすいのが特徴です。

これだけを見れば、IPoE接続方式にしたら速度は解決するんだと思いきや、そう言う訳にもいきません。

なぜなら、 IPoE接続方式には制限がありまして、本来IPv6のみの対応となります。
そのため、アクセスしたサイトなどもIPv6に対応している必要があるのですが、先ほどご紹介しましたようにIPv6に対応しているサイトがまだまだ少なく、IPv4しか対応していないサイトが多いです。
一部のサイトでしかIPoE接続方式の効果を発揮できないので、まだ接続方法が2つ存在しているということです。

速度の問題をv6プラスなら解決

「速度の問題をv6プラスなら解決」のイメージ画像

速度の問題を解決するために誕生したサービスがv6プラスになります。
So-net光プラスではv6プラスと呼ばれていますが、違う光回線では別のサービス名で紹介されていることもあります。
そして本来の正式名称は「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」になります。

v6プラスでは、IPv6でインターネットに接続しながらもIPv4にしか対応していないサイトを閲覧しようとしたときに、自動的にIPv4での接続に切り替えてくれます。
その際に、IPv4の形式をIPv6形式に見せかけて接続することで、IPv6に対応していないサイトなどへの接続もIPoE接続方式で接続ができるということです。

v6プラスを利用することで、いつも混雑する時間帯の夜でも極端に速度が落ちるケースは減る可能性が高くなり、今までより安定した速度で利用していただける可能性が上がりました。

v6プラスの注意点

v6プラスを使用するうえで、いくつか注意点もございますので説明します。

周辺機器もv6プラス対応している必要があります

So-net光プラスはもちろんv6プラスに対応しておりますが、それだけではv6プラスで接続することはできません。
例えば、パソコンで接続しようと思った場合には自宅で使用しているルーターやパソコン自体もv6プラスに対応している必要がございます。

v6プラスを利用していてもイマイチ速度が変わらない方はルーターやパソコンのスペックも確認して古いようなら買い替えるのも手段です。
ルーターに関しては6,000円前後で十分使えるものは購入できます。

v6プラスを使用すると利用できなくなるサービスも

So-net光プラスではSo-netフォンや固定IPサービスなど一部サービスをv6プラスを利用することで併用して使えなくなるサービスもございます。
一部のオンラインゲームも利用できなくなることもあるみたいですので、一度確認はされた方がいいかと思います。

まとめ

今回はv6プラスのサービス内容や速度について解説いたしました。
なかなか専門用語も多くわかりにくい部分も多かったかとは思いますが、いかがでしたでしょうか。

光回線をどこにするのか迷われている方はv6プラスに対応していて速度も期待できるSo-net光プラスは本当におすすめの光回線です。
ただ、光回線を申込みする場合は各社の公式サイトよりも代理店で契約する方がキャッシュバックなどで実質料金がお得になったりします。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「So-net 光 プラス」をご検討中の方へ

インターネット回線でも契約出来る窓口はたくさんありますが、申込窓口によって料金案内が違ったり、
キャンペーン内容も異なるためどこを選んでいいかわからないことがよくあるかと思います。

私たちがおすすめしているSo-net 光 プラスお申込みWeb代理店は、
お客様に少しでも満足していただけるように日々模索しながらいろいろな提案を行ってくれます。

おすすめのポイントをまとめてみました!

  • インターネット回線に詳しいスタッフが多数在籍している
  • 業界の中でも高水準のキャッシュバック
  • キャッシュバックまでの還元時期が早い
  • 月額の料金や初期費用などわかりやすく説明してもらえる
  • 「So-net 光 プラスお申込み正規Web代理店」のイメージ画像