インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ドコモ光の提供エリアの確認方法。知ってると便利なドコモ光の基礎知識

ドコモ光をお申込みする前に、お住まいのご住所がインターネット回線の提供エリア内かどうかを確認する場合の検索方法や、どういった判定結果ならばドコモ光が受付可能なのか解説しています。マンションプランや戸建プランの違いについてもお伝えいたします。

ドコモ光の提供エリアの確認方法。知ってると便利なドコモ光の基礎知識

「ドコモ光を引きたい」と思っていざ申し込んだとしても、肝心のインターネット回線がお住まいの住所に提供エリア外で、申込めなかったら悲しいですよね。 そこで、ドコモ光を申し込む前に自分のおうちがドコモ光に対応しているかどうかを判断する方法や、マンションプランや戸建プランの違いについてお伝えいたします!

ドコモ光の提供エリアの確認方法。知ってると便利なドコモ光の基礎知識

戸建プランとマンションプランの違いについて

パンフレットや、インターネット上でドコモ光の料金プランを調べてみると、戸建プラン〇〇円、マンションプラン〇〇円と書かれてあるのを見たことがあるかと思います。
お客様のお住まいに対応しているプランによって月額料金が1,000円程度違ってくるのですが、そもそも何故、戸建プランとマンションプランでは料金が異なるのか、工事内容の違いや速度などの環境面でどういった差が生じるのかといったことを解説していきます。

戸建タイプについて

まず、戸建タイプの設置方法から解説します。
戸建てタイプは、お近くの電柱からご自宅まで、直接光ファイバーの線を引き込み光コンセントを設置し、ONU(モデム)と接続するという設置方法となります。
戸建の場合、1軒1軒に光回線を引き込むので工事費や毎月の料金はマンションよりも高くなります。

戸建タイプ月額料金
タイプA:5,200円、タイプB:5,400円
工事費
18,000円(キャンペーンによる変動あり)

マンションタイプについて

次に、マンションタイプについてですが、マンションの共有スペースに光回線の設備が設置されているので、そこから各部屋に光回線を繋ぎ、光コンセントとONU(モデム)を設置するという手順になります。
マンションタイプの場合、一つの設備で複数の契約が見込まれるため料金が割安になりますが、その反面、各部屋に配線を分配するので戸建プランと比べると少し速度が落ちる可能性もあります。

マンションタイプ月額料金
タイプA:4,000円、タイプB:4,200円
工事費
15,000円(キャンペーンによる変動あり)

戸建とマンションの料金差額は、一軒のみに対しての対応なのか、複数に対しての対応になるかというところに差があると思っていただければと思います。

マンションに住んでいるのに戸建て用プランと表示されたら???

ご利用になる方がマンションにお住まいだったとしても、対応プランを確認するために住所を検索すると「マンションタイプではなく戸建てタイプのご提供になります」と言われてしまうことがあります。

どういうこと??システムの不具合??
と思われるかもしれませんね。

実はこれは、システムの不具合などではなく、「マンションタイプ用の設備の用意はありませんが、戸建タイプの設置時のように、電柱から直接光回線を引っ張ってくるのなら対応できますよ」という意味です。

先ほど解説したように、マンションタイプが安い理由として、マンションの共有スペースに光回線用の設備を設置しており、そこから各部屋に配線を這わすだけなので、一つの建物で複数の加入が見込まれます。
そのため導入のコストが抑えられ、月額料金も割安になります。
ただ、マンションに設備がない場合は戸建タイプでの提供になってしまうということになります。
そのため、初期費用も、月額料金も同じだけ頂きますよ。ということになります。

マンションで戸建タイプを導入する場合、注意点が2点あります。

  • オーナーさんや大家さんに許可を取らないと工事できない
  • 5階以上は工事ができない

この2点が問題なければドコモ光を導入できます。

マンションのオーナーさんへの許可については、壁に穴をあけるかどうかという点で許可を出す出さないか判断をされる場合があります。
ほとんどが、電話用の配管やエアコンダクト用の配管からの引き込みになるので、たいていは、穴をあける必要はないと思われます。
ただ、時間に余裕があるなら、穴あけが必要かどうかを調べてもらってから許可を取った方が確実です。

料金が割高だったり、オーナーの許可を取る必要があったりと、ひと手間かかってしまいますが、Wi-Fiを使うことで、通信費の節約が出来るというメリットもありますし、NTTの光回線を利用しているので、通信速度などの品質という点では安心できると思います。
また、料金についてはドコモの利用プランによっては大きな割引が入るため、他社で利用するよりも実際の負担額が軽くなるということもあり得ます。
例えばシェアパック30を利用中ならケータイから2,500円の割引なので、
5,200円-2,500円の実質2,700円でWi-Fiが使えるようなイメージとなります

検索方法について

ドコモ光の提供エリアを確認する場合、NTT東西のシステムを利用して判定します。
NTT東日本エリアとNTT西日本エリアでは、会社が違うため、検索用のサイトが異なります。

こちらから住所を入力し、提供エリア判定をしていきます。
住所を入力しても表示されないことなどがあるため、お電話にてご確認をお願いします。

判定結果別、ドコモ光受付可否

次にどういった判定結果ならばドコモ光が受付可能なのかお伝えします!

判定結果が表示された場合

下記の表示でしたら、ご希望の設置先は提供エリアとなっております。

東日本エリア
ネクストギガファミリー、ネクストギガラインタイプ、ネクストハイスピード、フレッツ光ライト
ネクストギガマンション、ネクストマンションギガラインタイプ
西日本エリア
フレッツ光ネクスト、フレッツ光ネクストハイスピータイプ、フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼、フレッツ光ネクストVDSL、フレッツ光ライト

次に、提供エリアでない場合をお伝えします。
下記の場合は残念ながらドコモ光には対応しておりません……

判定結果が表示されない、判定結果がよくわからない

ご紹介した方法で判定をしても判定結果が表示されなかったり、よくわからないということもあるかと思います。
次に、そういった判断が難しいケースをご紹介します。

判定不明、調査後回答しますと表示された場合

提供エリアを確認した際に、判定結果が具体的に表示されないときがあります。
この場合は申し込みをしてみないとわかりません。

お申し込みの流れは、

ドコモ光申込→NTTの調査→調査についての回答(提供エリア判定)→ドコモ光サービスセンターとお電話し工事の日程を決める

という流れになります。

戸建の場合、近くのご住所が対応していれば導入できる可能性は高いと思われます。
ただ、確実にドコモ光を導入ができるのかということや、いつ頃工事ができるのかということについては、ドコモ光サービスセンターでの判断になりますので、光センタ―から調査結果についての連絡があってからしか判断できません。
また、マンションの場合はマンション自体には設備があっても、ポート(設備)に空きがないとインターネットを導入できません。
「調査後判断」と判定されたら、ポートに空きがあるかの調査を行ってからの回答となります。

調査には1週間以上かかる可能性があり、その調査が完了してから工事の日程を決めていくため、通常よりは日数がかかってしまいます。

住所が表示されない……

「提供エリアかどうか調べてみたのに自分の住所が表示されない……」
ということもあります。
この場合、2通り試して欲しい方法があります。

1つ目は、古い町名、建物名で検索できないかの確認をするという方法です。
市町村合併などで住所が変わったり、マンションの名前がNTTにマンション名が登録された時から変更されているケースがあります。
その場合は、古い町名やマンション名で検索すると合致する場合があります。
住所が合致したら、申込時に古い町名やマンション名もドコモ光サービスセンターに伝えればスムーズに申し込めます!!

ただ、それでも合致する住所が表示されないことがあります。
「引けないから住所が表示されないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そう判断するのは早いです。
提供の可否は関係なく、NTTのシステム上の問題だがらです。

どういうことかというと、「NTTのシステム上に住所登録がないので、住所を登録し調査をしてから判断しますよ」ということです。
つまり、二つ目の方法は、申し込み後、NTTのシステム上に住所登録と調査依頼をし、判定結果を待つという方法です。

ここでNTTの仕組みを簡単にお伝えするとNTTの光回線を導入する場合、NTTのシステムに住所を登録します。
住所の登録後、NTTのスタッフが、ご利用頂く住所近くの電柱にNTTの光回線が入っているか調査をします。
調査の結果、電柱に光回線が入っていれば、光センター側でご利用頂けるという回答を行い、工事日などの調整をするという流れになります。
調査が完了するのに2~3か月程度お時間がかかる場合もあるため、できれば引っ越しが決まり次第、準備をしていただければと思います。

その他:ドコモ光テレビオプションの提供エリアの確認について

戸建の場合で、テレビアンテナを建てずに光回線を利用してテレビを視聴したいときは、「ドコモ光テレビオプション」の申し込みが必要となります。
このドコモ光テレビオプション(以下テレビオプション)は一部地域でしか利用が出来ません。

東日本エリア
北海道、福島県、新潟県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県
西日本エリア
静岡県、愛知県、三重県、岐阜県、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県、広島県、岡山県、徳島県、香川県、福岡県、佐賀県

上記都道府県でも地域によっては提供エリアから外れていることもあるので、ドコモ光を利用して、テレビをつけたいという方は注意が必要です。

まとめ

以上。提供エリア確認について解説していきましたがいかがでしたでしょうか?

簡単に申し上げると、料金プランや導入方法は大きく分けると戸建タイプかマンションタイプに分類されるという点、提供エリアの判定結果がわからないときは申し込みをしてから調査結果を待たないと、導入の可否はわからないという点を覚えて頂ければと思います。

「ドコモ光を使いたい」となったときに本当に導入できるのか分からないということや、住所が表示されない、提供エリアの判定結果がわからないなどお困りになる方も多いですが、これを読んで頂いて、少しでも疑問が解消されたら幸いです

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「ドコモ光」をご検討中の方へ

ドコモ光回線の申込み窓口は非常に重要です。
各店舗(ドコモショップなど)でもそれぞれ特典などが変わりますし、スタッフの対応次第で内容が良くなったり悪くなったり…ということも事実あります。
下記の6つのポイントを満たしているお申込み窓口が人気です!

  • ドコモ光について詳しい専任スタッフがいる
  • キャッシュバック金額の高水準キープ
  • 自由にプロバイダを選択させてくれる
  • ネットやスマホ料金の利用環境を親身に相談できる
  • 無理やり契約に持っていこうとしない
  • 待ち時間が少ない
「ドコモ光お申込み正規Web代理店」のイメージ画像