インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ドコモのdカードGOLDの気になる特典のメリットとデメリットについて徹底解説

dカードGOLD(NTTドコモの提供するクレジット機能付きカード)を利用することで受けられる特典について徹底的に解説しています。ご利用状況によってはdポイント進呈ができない場合もございますので、お申込みやご入会を行う前にご確認ください。

ドコモのdカードGOLDの気になる特典のメリットとデメリットについて徹底解説

ドコモの携帯電話やドコモ光を利用していると、一度はdカードGOLDをお勧めされたことがある方は多いのではないでしょうか? ショップなどでは、シェアパックを組んでいたりドコモ光を利用していると 「年会費はかかるけど、それ以上のポイント還元があります」といった説明をされる可能性は高いです。 そこで、クレジットカードを作ることに対して抵抗感があったり、 ショップの方は上手い事説明してくれるけど「本当にお得なの?」と疑問を持っている方のために、 dカードGOLDについて徹底的に解説していきます!

ドコモのdカードGOLDの気になる特典のメリットとデメリットについて徹底解説

【基礎知識】dカードGOLDとは?

dカードは、NTTドコモの提供するクレジット機能付きカードで、
通常のdカードと、ポイント還元などの特典が大きいdカードGOLDがあります。
どちらも銘柄はVISAかマスターかを選ぶことができ、ドコモ携帯やお買い物の利用料金に応じてdポイントがたまります。

dカードレギュラーカードはドコモの携帯料金1,000円の料金に対して10ポイントの還元、dカードGOLDはドコモ携帯料金1,000円の利用に対して100ポイントの還元といったようにポイントのたまり方が10倍違います。

他にもカードGOLDのみの特典もあるので、うまく活用すれば、メリットの大きいカードとなります。

dカードGOLDのメリットとデメリット

dカードGOLDはポイントがたまりやすいというメリットはありますが、
「旨い話ばかりでデメリットはないの?」
と気になる方はいらっしゃると思います。
そんな方のためにメリットとデメリットについても解説していきます。

メリット1:ドコモの基本料金だけで利用額が10,000円を超える場合は、年会費を上回ってお得になる。

例えばドコモの利用料金だけで(機種代金やSPモード決済などは除く)10,000円を超える場合は
月々1,000ポイント以上の還元になるため1年間で12000ポイント以上返ってくる計算になります。
この場合は年会費の10,000円を上回るため、ポイント還元額だけみてもdカードGOLDを作った方がお得になります。
※ポイント還元額については、還元対象にならない料金もあるためドコモショップなどで見積もりを取った方が確実です。

メリット2:ドコモの携帯料金だけでなく、ドコモ光に対してもポイント還元の対象になる。

ドコモ光を利用していたら、ドコモ光に対しても1,000円につき100ポイント還元の対象になります。
携帯料金が12,000円でドコモ光マンションタイプ利用なら4,000円なので、それぞれに対して1,200ポイント、
ドコモ光に対して毎月400ポイントが還元されます。
上手くまとめることで、よりお得になるという事ですね!

メリット3:dカードの利用額に応じてクーポンがもらえる

dカードを普段の買い物や公共料金の支払いなどに利用し、年間100万円以上、
または200万円以上の利用があるとそれぞれ10,800円分または21,600円分のクーポンがもらえます。

このクーポンは機種変更の際のクーポンか、dファッションやdトラベルなどで使えるクーポンかいずれかから選べます。
ドコモ以外の料金もdカードGOLDにうまくまとめていくとよりお得になりますね。

メリット4:dカードGOLDのケータイ補償が受けられる

利用中のドコモ携帯が購入から3年以内に故障してしまった場合は、dカードGOLDなら10万円までの購入代金を補償してくれます。
同一機種、同一カラーの機種をdカードで一括購入し、dカードの請求金額から減額することで購入代金を補償するという内容になります。
詳しい条件などはdカードセンターに問い合わせになりますが、通常のケータイ補償と違って実質料金がかからないので、機種が壊れた時の保険としてもおすすめです。

メリット5:ANAの国内線の空港ラウンジが無料で使える

国内旅行に行く方向けになるのですが、出発前にラウンジでのんびりしてから飛行機に乗ることができますよ。

メリット6:dカードGOLDの家族カード

dカードGOLDを作るのが前提のお話にはなるのですが、折角dカードGOLDを作るなら、家族カードも一枚作るとよりお得になります!
ドコモ回線が2回線以上あって、家族の方が20歳以上の方がいらっしゃれば家族の方のお名前で家族カードが作れます。
気になる年会費ですが家族カードについては1枚目は無料になっています。
しかもポイント還元については1,000円につき100ポイントの還元になるので、より上手にポイントを貯められます。
もし、家族の方が利用するのは少し不安という事なら、カードだけ作って使わない状態にしておいても問題はないでしょう。

デメリット1:年会費が10,000円かかるので、利用状況によってはお得にならない場合がある

dカードGOLDのデメリットとしては、年会費の設定が10,000円のため、年会費が高いことといえるでしょう。

例えば、ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)を使っていて、月々が3,000円程度の方の場合は、月々のポイント還元額が300ポイントで12か月貯めたとしても、1年で3,600ポイントしかたまらないので、年会費の元が取れないです
月額利用料金が10,000円を超える方なら元を取れるのですが、月額料金がフィーチャーフォンを利用している方などで、安い方の場合はポイント還元だけで考えると、dカードGOLDを作るのは少しもったいないです。

デメリット2:クレジット機能があるので、カードを作る際に審査が必要。

クレジット機能がついているので、申し込みの際、一度審査をしてから、カードの発行になります。
ドコモ料金の未納がなく、また、ローンの滞納などがなくその他条件を満たしていれば通ると思われますが、申し込みをした全員が通るわけではないという点は、デメリットであるといえるのではないかと思います。

デメリット3:カードの支払いが遅れると、信用機関へ登録される可能性がある。

クレジット機能がついているので、万が一カードの支払いが遅れてしまうことがあると、信用機関に登録され、ローンを組む際などに影響を与えてしまう可能性があります。
これはどのクレジットカードにもいえることなので、余裕をもって口座にお金を入れておくことをお勧めします。

結論:すべてまとめるのがお得

dカードGOLDをご利用いただく上でのメリットとデメリットについてまとめさせていただきましたが、
ドコモの利用額が一定の金額より少なかったり、dカードでお買い物をしない方にとっては正直なところおすすめはできません。

ただ、家族でシェアパックを組んでいたり、ドコモ光を利用していると、
年会費よりポイント還元額が上回る可能性が高くなります。
さらに普段のお買い物や公共料金の支払いをdカードGOLDからの支払いにすることで、
ポイントの還元やクーポンの還元も受けられる
ので、よりお得になります。

携帯電話や、インターネット回線、クレジットカードなどすべて一か所にまとめていく方が、
ポイントの還元は受けやすくなるので結果的にすべてまとめていく方がお得といえるでしょう。
せっかく携帯電話が家族全員ドコモでドコモ光を利用しているならdカードGOLDを検討してみてはいかがでしょうか?

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「ドコモ光」をご検討中の方へ

ドコモ光回線の申込み窓口は非常に重要です。
各店舗(ドコモショップなど)でもそれぞれ特典などが変わりますし、スタッフの対応次第で内容が良くなったり悪くなったり…ということも事実あります。
下記の6つのポイントを満たしているお申込み窓口が人気です!

  • ドコモ光について詳しい専任スタッフがいる
  • キャッシュバック金額の高水準キープ
  • 自由にプロバイダを選択させてくれる
  • ネットやスマホ料金の利用環境を親身に相談できる
  • 無理やり契約に持っていこうとしない
  • 待ち時間が少ない
「ドコモ光お申込み正規Web代理店」のイメージ画像