インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

介護や認知症予防に活用できるMANOMA(マノマ)の利用方法について徹底解説!

スマートホームサービスのMANOMA(マノマ)では高齢者の方にも便利にご利用することのできるサービスがあるのですが、特に今回は訪問介護や認知症予防に活用することのできるMANOMA(マノマ)の利用方法について徹底解説をしていきたいと思います。

介護や認知症予防に活用できるMANOMA(マノマ)の利用方法について徹底解説!

現在、日本では近年、高齢化が問題になっていますね。 なのですが、我々はそんな高齢の方々と寄り添った生活をしていく必要があります。 高齢者の中でも生活をしていく上で様々な問題点はあるのですが、今回は認知症予防と訪問介護サービスを受けるうえで活用することができるMANOMA(マノマ)の利用方法について紹介をしていきたいと思います。

介護や認知症予防に活用できるMANOMA(マノマ)の利用方法について徹底解説!

長寿の国、日本

ご存じの方も多いとおもいが日本は非常に多くの高齢者の方が元気な国で、世界でも有数の長寿大国です。

そんな高齢者の方々と身近に生活を過ごしていくのですがご自宅にあれば非常に嬉しいスマートホームサービスのMANOMA(マノマ)の便利な機能を中心に解説をしていきたいと思います。

認知症の増加

認知症というのは病名という訳ではなく症候群の名前になり、「アルツハイマー型認知症」だったり「脳血管性認知症」、「レピー小体型認知症」というものがあります。

このままの計算でいくと2025年にはなんと高齢者の5人に1人は認知症の方という計算になるようです。

高齢者の方の数が非常に増加をしており、認知症の方の数も増えているという点をお伝えさせていただいたのですが、もう1つ重要な懸念点がありましてそれが高齢者の数は増えているのに子供の数が増えていないという点です。

高齢者の数が増えているのに子供の数が増えていないということはすなわちご自宅で暮らしている高齢者の方が若い人と一緒にいる機会が少なくなっているということです。

なので介護が必要になった場合、簡単に若い人の手を借りることができない高齢者の方が増えているのです。

そこで介護サービスが需要として強くなるのですが、安心した自宅にいれて老人ホームに入るよりも料金も安くすむ訪問介護サービスが近年多く普及をしているのです。

MANOMAは介護シーンで役に立つ。

ここで紹介したいのがSONYから提供をされているスマートホームサービスのMANOMA(マノマ)になります。

このMANOMA(マノマ)はご自宅に設置することができるサービスになり安心で安全でなおかつ快適な暮らしを過ごすというのがモットーのサービスなのですがどういう風に認知症の予防だったり訪問介護サービスの内容に繋がるのかみていきましょう。

認知症予防に最適

ご紹介するMANOMA(マノマ)のサービスの中には室内コミュニケーションカメラといってご自宅の部屋にカメラを設置することができるものがあります。

この設置したカメラからお部屋の状況を遠隔でスマホで確認ができるので、ご自宅にいらっしゃる高齢者の方を安心して見守ることができるのです!

さらにAIホームゲートウェイは様々な問いかけに答えてくれるのですが、介護者の方に同じ質問を何回もされるといった経験ありませんか??
そんなシーンでもAIは何度でも同じ質問に答えてくれるので助かります。

安心した介護サービス

訪問介護サービスが非常に普及をしておりご自宅で介護を受ける方が多くなっているんですが、そこで近年問題になっているのが介護人(ヘルパー)による高齢者へのいたずらや虐待です。

なので訪問介護サービスを受けるのにもしっかりと、どういったサービスを受けているのかとカメラを通して管理することをおすすめします。

さらにはこの室内コミュニケーションカメラにはマイクとスピーカー機能も搭載されているので、映像でスマホで確認することができるだけではなく、お部屋にいる方とお話することも可能なので介護人(ヘルパー)と密なコミュニケーションをとることもできるでしょう。

不在宅でも家事代行や掃除ができる。

MANOMAではダスキンやベアーズをはじめとした家事代行サービスと連携しており、不在時でも鍵の受け渡しをすることなく掃除や洗濯、買い物など日常の家事代行を依頼することができます。

もちろんカメラで自宅の状況を確認できますし、自宅の鍵の開閉もスマホから確認することができるので安心です。

セコムをすぐに呼べる

要介護者を自宅に一人で置いておくことは不安ですよね。
鍵のかけ忘れがあろうものなら泥棒にも入られてもおかしくはありません。

MANOMAであればスマホさえあれば遠隔で鍵の開閉ができるので安心です。
もしも自宅に以上があった場合はセコムを呼ぶこともできるので心強いですね。

MANOMA(マノマ)で利用できる幅広い機能

MANOMA(マノマ)で利用できるサービスは室内コミュニケーションカメラ以外も数点あるので紹介をします。

◇AIホームゲートウェイ
Amazonが開発した「Amazonアレクサ」が搭載されたホームゲートウェイを利用することができます。
「今日の天気は?」「今日のニュースを教えて。」「ラジオをかけて」など様々な問いかけに反応してくれるので、あるだけで生活の質が上がるものになります。
◇スマート家電リモコン
このスマートリモコンがあるのとで自宅の家電を一括で管理することが可能になります。
またAIホームゲートウェイと連動させることで「テレビつけて」「電気消して」「鍵を閉めて」など自宅のリモコン操作が必要なものなどを操作できるのでスマートホームに非常に役の立つものになります。
◇nuroモバイルWi-Fi

ご自宅にWi-Fi環境をつくることが可能です。ネット環境がないと室内カメラを使ってビデオ通話することもできないので、自宅のネット環境は必須項目になってくるでしょう。

◇Amazonアレクサ

スマートホームスピーカーのAmazonアレクサを利用することが可能です。機器の操作が苦手なご高齢の方でも、簡単に声だけで家電の操作やあらかじめ設定していた「アレクサスキル」という便利な機能も起動することもできます。

◇Qrioシリーズ
Qrioというメーカーの製品を使うことが可能でスマートタグというもので、小型軽量で持ち運びに向いている機器があります。
持ったままご自宅に帰るだけで簡単にご自宅の在宅状況を判別することが機器が利用できます。
また玄関のカギをスマートロック化することが可能で、鍵を持ち歩く必要なく玄関のカギを解錠、施錠することもできます。
◇開閉センサー
開閉センサーはご自宅のドアや窓に設置することが可能で警戒モード中に反応すると室内コミュニケーションカメラの映像を録画することができたり、なんとホームセキュリティサービスのセコムのスタッフを呼ぶことが可能です!

まとめ

今回は高齢者の方を中心に便利にご利用できるMANOMA(マノマ)の活用方法を紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

MANOMA(マノマ)のサービスの中でも室内コミュニケーションカメラが非常に使いやすく、核家族のご家庭で普段は高齢者の方と過ごしていないといった方でも初めに設定だけしておけば後はスマホで室内コミュニケーションカメラを設置したお部屋の状況をスマホを使って映像で確認することが可能です。

さらには、室内コミュニケーションカメラでしっかりとお部屋の状況を確認するだけではなくご自宅のセキュリティもセコムでしっかりと守れるという点も非常に興味深いです。

そして料金面でも本来毎月6,000~7,000円程かかるセコムのサービスが月額無料で利用することができるのです!

利用用途が幅広く便利な機能が利用できるMANOMA(マノマ)ですが料金もお得に代理店からのキャッシュバックも受け取って高齢者の方も安心・安全で暮らせてお得にご利用することが可能でしょう。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「MANOMA」をご検討中の方へ

MANOMA(マノマ)のお申込みの際は公式サイトからの申し込みがおすすめです。

MANOMA(マノマ)の申し込みの際、できるだけお得に利用したいのに

女の子のイラスト
  • MANOMAがよくわからない
  • 月額の料金がわかりづらい
  • 問い合わせだけはなんか申し訳ない

などいろいろと不安で迷ってしまいますよね。

そんな方におすすめ

公式サイトにはチャットサポートがあるため、電話はかけにくいという方にはチャットサポートはロボットではなくオペレーターが対応してくれます。
そのため定型文の回答ではないため、なにを聞いても回答してくれます。
気になる方は一度問い合わせてみてもいいかもしれませんね。

  • おうちを快適にされたい方
  • 防犯対策を検討中の方
  • お子さま・ペットの様子が気になる方
  • 工事不要のWi-Fiに興味がある方