インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

インターネット回線を乗り換えるときの注意事項まとめ。解約の方法やプロバイダについて

インターネットの乗り換える際に注意するべき解約やキャッシュバック、利用料金など気になるポイントをチェックリストにして紹介します。少しでも安心して乗り換えられるようにぜひ参考にしてください。

インターネット回線を乗り換えるときの注意事項まとめ。解約の方法やプロバイダについて

インターネットを乗り換える際にどんな手順で行いばいいのか心配になりますよね。 解約金や工事費などインターネットを契約する前に確認するべきことはたくさんあります。 少しでも損をしないようにインターネットを切り替えるためにチェックリストを作成しました。

インターネット回線を乗り換えるときの注意事項まとめ。解約の方法やプロバイダについて

利用中のインターネットの確認事項3選

まずは利用中のインターネット回線について確認するべき点を見てみましょう。

  • 解約金はいくらかかるか
  • 契約の更新月はいつか
  • 回線の撤去費用や工事費の残債はかかるか

利用中のインターネットは基本的に契約期間について確認しておくことが重要です。
2~3ヶ月以内に解約すれば費用が掛からないのであれば少し待ったほうがいいですよね。無駄なお金をかけないように十分に注意しましょう。

解約金はいくらかかるか

まず初めに確認するべきはこのポイントでしょう。
解約金はインターネットの種類によって異なります。

インターネットの主な解約金(戸建てで利用の場合)
回線名 解約金
フレッツ光 5,500円~33,000円
ドコモ光 13,000円
ソフトバンク光 9,500円もしくは15,000円
So-net光プラス 20,000円
biglobe光 9,500円もしくは20,000円
auひかり 9,500円もしくは15,000円
NURO光 9,500円
J:COM 9,800円(撤去費用)

解約金が20,000円を超えるインターネット回線はほとんどありません。

契約の更新月はいつか

更新月についても契約するインターネットによって異なりますが、基本的に2年~5年の更新になっています。

インターネットの主な契約期間(戸建てで利用の場合)
回線名 契約期間
フレッツ光 2年
ドコモ光 2年
ソフトバンク光 2年もしくは5年
So-net光プラス 3年
biglobe光 2年もしくは3年
auひかり 2年もしくは3年
NURO光 2年
J:COM 6ヶ月(最低利用期間)

ソフトバンク光は光テレビを同時に利用する場合、5年の自動更新での契約が可能になっています。また、So-net光やbiglobe光は3年の自動更新であったりするため、契約の更新月については利用中のインターネット回線のサポートダイヤルへ問い合わせをしてみましょう。

回線の撤去費用や工事費の残債はかかるか

インターネット回線の解約において高額の請求になる原因がこの回線撤去費用や工事費の残債になります。
多くの光回線では工事費無料と言っていますが、実際のところは3年や5年の分割を行うことが多く、解約の際に残債が残っていれば一括で請求がされます。
またケーブル回線を利用したインターネットでは回線の撤去工事というものが発生し、おおよそ10,000円程度の金額が解約時に発生します。

インターネットの主な工事費と分割年数(戸建てで利用の場合)
回線名 工事費 分割回数
フレッツ光 18,000円 30回
ドコモ光 18,000円 12/24/36/48/60回
ソフトバンク光 24,000円 60回
So-net光プラス 24,000円 60回
biglobe光 30,000円 40回
auひかり 37,500円 30回
NURO光 40,000円 30回
J:COM 37,500円 1回

回線の工事費は一般的に20,000円前後が相場になります。
基本的に分割の回数は契約の更新のタイミングとはずれてくるので、インターネット自体は2年の自動更新の契約だけど工事費は60回で分割したということであれば6年目までは解約の際に工事費の残債がかかることになります。
この工事費用などについても利用中のインターネット回線のサポートダイヤルへ問い合わせることが一番簡単な確認方法になります。

新しく利用したいインターネットの確認事項

次に新しく利用したいインターネット回線について確認するべき点をご紹介します。

point利用したいサービスのおすすめポイントは?
  • スマホのセット割引がある
  • 回線速度が速い
  • 他社違約金を負担してくれる
  • キャッシュバックが多い
  • CS放送がお得
  • 工事が必要か
  • 契約の縛りがどうか

新しくインターネットを検討している場合、どんな目的があって光回線を切り替えるのかは重要なポイントです。
「今のインターネットが高いから」「通信速度が遅すぎてサクサク動画が見れない」「サポートの対応が悪い」
など様々な理由があるかと思いますが、インターネットを切り替えるにあたって見ておくべきポイントをご紹介していきます。

利用したいサービスのおすすめポイントは?

インターネットサービスには必ず回線速度やキャッシュバック金額、サポートやオプションサービスなどおすすめのポイントがあります。
まずはそのおすすめポイントを理解したうえでどのサービスを利用するかを考えましょう。

インターネットのおすすめポイントを一部紹介
おすすめポイント サービス名
スマホのセット割引がある ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
au auひかり
So-net光プラス
biglobe光
J:com
その他ケーブル系インターネット
回線速度が速い NURO光(最速10Gbps)
au光(最速10Gbps)
キャッシュバックが多い So-net光プラス
auひかり
他社違約金を負担してくれる ソフトバンク光(最大10万円まで)
So-net光プラス(最大5万円まで)
CS放送がお得 ぷらら光
J:com
その他ケーブル系インターネット
工事が必要ない ソフトバンクAir
UQWiMAX
MANOMA(SONY)
契約の縛りがない ぷらら光

こだわりたいポイントはそれぞれあると思いますが、インターネットに一番求めていることは何かをはっきりさせておくことがインターネット回線選びで迷わないポイントです。

毎月の割引はいくらか

毎月の割引金額については必ず確認をしましょう。
スマホとのセット割引が入るインターネット回線を選んだからと言って必ずお得とは限りません。
実際スマホのデータ使用料が少ない場合、割引が500円やそもそもスマホに割引が入らないなどの場合がほとんどです。

スマホのセット割引の目安
スマホキャリア 光回線 割引金額
ドコモ ドコモ光 ~1GB 1~3GB 3GB~
0円 500円 1,000円
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
~1GB 1~5GB 5GB~
0円 500円 1,000円
au auひかり
biglobe光
J:com
その他ケーブル系インターネット
~1GB 1~7GB 7GB~
0円 500円 1,000円

インターネットとのセット割のハードルが一番低いキャリアはドコモになります。
スマホの割引を加味したうえでインターネット回線を選びましょう。

回線の速度はどうか

2020年現在、日本国内で最速のインターネットはNURO光やauひかりなどが提供している10Gbpsのプランになります。
NTT系列の光回線が遅いというわけではありませんが、実測値という点では10Gbpsのプランを提供する光回線には勝てません。

キャッシュバックキャンペーンはどうか

インターネットを乗り換える方のほとんどがこのキャンペーンについて興味を持っているでしょう。キャッシュバックという点で見るとSo-net光プラスがお得で、40,000円ほどの還元を受け取ることができます。

インターネットの主なキャッシュバック例(戸建てで利用の場合)
回線名 キャッシュバック
フレッツ光 約30,000円
ドコモ光 約15,000円
ソフトバンク光 約30,000円
So-net光プラス 約40,000円
biglobe光 約30,000円
auひかり 約40,000円
NURO光 約40,000円
J:COM 約30,000円

キャッシュバックの金額については申し込むサービス(電話やテレビなど)によって金額が異なります。実際にいくらキャッシュバックが貰えるかは申し込みたいサービスの代理店に直接で問い合わせましょう。

他社違約金負担があれば利用しよう

ソフトバンク光やSo-net光プラスでは通常のキャッシュバック以上の金額を他社乗り換えの違約金負担キャンペーンとして実施しています。
もし検討中のインターネットに他社違約金キャンペーンがある場合は要チェックです。

その他のキャンペーンはあるか

インターネットサービスのキャンペーンはキャッシュバック以外で実施しているサービスも多くあります。
例えば「Wi-Fiルーターの無料レンタルサービス」購入するとなれば10,000円弱はかかるので無料でレンタルできるのであればありがたいですよね。
ほかには「ゲーム機器(プレステやスイッチなど)」のプレゼントや「外付けハードディスク」のプレゼントなど様々なキャンペーンが実施されています。
インターネットの申し込みと同時にお得なキャンぺーンを利用しましょう。

工事についての確認

通常インターネット回線の利用には工事が必要になるのですが、もともとNTT系の光回線を利用しており、新しく別のNTT系の光回線に乗り換える場合、工事をせずに切り替えることが可能です。

2019年からスタートした「事業者変更」という方法を利用することで工事不要の切り替えが可能になるので、検討中の方は申しみ窓口に確認してみましょう。

またソフトバンクAirやWiMAXのような置き型のホームWi-Fiも工事をしたくない方にはおすすめです。最近では通信速度も光回線に劣らないほどまでになっているのでぜひ検討してみてください。

契約の縛りがどうか

インターネット回線は必ずしも契約期間の縛りがあるものばかりではありません。
例えばぷらら光では契約の縛りは存在しません。
逆にソフトバンク光のようにテレビサービスと利用することで5年の長期契約ができ、毎月の料金が安くなるような仕組みになるインターネット回線も多々存在します。

利用したいインターネット回線の契約期間がどのようになっているかは十分に検討したうえで申し込みを行いましょう。

まとめ

今回はインターネット回線を乗り換えるにあたってどのようなポイントを意識するべきかご紹介しました。
冒頭でも紹介したように日本国内にはインターネット回線は無数に存在するためどのようなサービスを利用したいか十分に検討して乗り換えるようにしましょう。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。