インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ソフトバンクのお得なおうち割について徹底解説。スマホプラン別の割引情報をご紹介。

ソフトバンクのスマートフォン(スマホ)を利用している方がインターネット回線とセットで利用することでお得な割引を受けることができるおうち割についてまとめてみました。また、おうち割を適用できるインターネット回線についてもまとめてみました。

ソフトバンクのお得なおうち割について徹底解説。スマホプラン別の割引情報をご紹介。

ソフトバンクでスマートフォン(スマホ)を利用されている方であれば「おうち割光セット」を聞いたことがあると思います。 スマホ料金が安くなると聞いて気になっている方におうち割を適用する条件や割引が対象となるスマホのプラン、また割引って何の料金から割引されるのかなど申込み前に気になる情報を紹介していきます。

ソフトバンクのお得なおうち割について徹底解説。スマホプラン別の割引情報をご紹介。

ソフトバンクのお得なセット割引。おうち割光セットとは

まずはおうち割光セットのメリットとデメリットを簡単に確認してみましょう。

おうち割光セットとは対象のインターネット回線とソフトバンクが提供するスマホやタブレットを利用されている方が毎月のスマホの月額料金から500円~最大1,000円の割引を家族10回線まで受けることができるサービスです。
割引額については加入しているスマホのプランにより異なります。

おうち割のメリット

おうち割を利用した場合のメリットをいくつか挙げていきます。
ソフトバンクユーザーであればほとんどの方がお得になる割引といえます。
ソフトバンク光を利用中でおうち割を適用していない方も要チェックです。

メリット①家族も割引の対象に

一緒に暮らす彼女はもちろん離れて暮らす親戚、同居中などの場合でも割引が適用できる

おうち割は契約者だけでなくその家族もソフトバンクでスマホなどを利用していれば割引の対象になります。
家族でまとめてソフトバンクにしている場合ですとかなりお得になる場合もあります。

一緒に暮らす彼女はもちろん離れて暮らす親戚、同居中などの場合でも割引が適用できるので驚きですね。
名前が同じ、住所が同じなど「家族」であることが証明できれば問題ないようです。

メリット②ワイモバイルのスマホもおうち割の対象

おうち割はソフトバンクのスマホだけでなくワイモバイルのスマホも割引対象となります。

ただし、ワイモバイルのスマホにおうち割を適用するにはソフトバンクショップではなくワイモバイルショップまたはWebのマイページからの申込みが必要です。

メリット③解約金などは一切かからない

おうち割はソフトバンクスマホまたはワイモバイルから他社のスマホに切り替えて解約をしたとしても解約金などは必要ありません。
ただし、短い期間で解約する場合、スマホの端末代金の残債が発生するので注意が必要です。

おうち割のデメリット

なにごとにもサービスを利用するうえでメリットがあればもちろんデメリットもありますよね。
ここからはおうち割のデメリットについて解説していきます。

デメリット①指定オプションの契約が必須

ソフトバンク光でおうち割を適用するにはソフトバンクが定める以下のオプションに加入する必要があります。

・光BBユニット(月額料金:467円)
ソフトバンクがレンタルで提供しているルーターです。
次に紹介するWi-Fiマルチパックとセットで利用することでWi-Fiルーターとしても利用できます。
また、ソフトバンクで光電話を利用する場合には必要な機器で、IPv6のサービスを利用する際にも必要となる機器です。
・Wi-Fiマルチパック(月額料金:990円)
Wi-Fiマルチパックは単体で申込みするものではなく、光BBユニットとセットで利用することで光BBユニットからWi-Fiを飛ばすことができるようになります。
Wi-Fiマルチパックを申込む場合は自動的に光BBユニットはセットでの契約になります。
・ソフトバンクの光電話(月額料金:0円~500円)
最後に電話オプションの申込みも必要になるのですが、おうち割には下記いずれかの組み合わせで固定電話の申込みが可能です。

・ホワイト光電話 ・BBフォン ・光電話(N)+BBフォン
本来であれば、指定のオプションをそれぞれ加入する場合にはインターネット回線の料金とは別に月額1,500円~2,000円ほどの料金がかかります。
しかし、3つのオプションをセットで申込みすることで月額500円で利用することができます。
pointおすすめpoint!
固定電話の契約は必要ですが、電話機は特に置く必要はありません。
固定電話が必要でない方には負担が少ないBBフォンでの申込みがおすすめです。
また、スマホに適用される割引が500円未満の場合、おうち割の適用はおすすめできません。

デメリット②家族の割引を適用するには手間がかかる

先ほどおうち割の対象は血縁または婚姻の証明をすることができれば、家族も対象とお伝えしましたが、この証明をするのに少々手間がかかります。
方法としては市役所にて戸籍謄本を受け取り、ソフトバンクショップやワイモバイルショップにて戸籍謄本と割引を適用する人の本人確認書類を持参しておうち割を申込む流れになります。

書面で家族であることを証明できれば、契約者の両親や兄弟の割引はもちろんですが、兄弟の子どもやいとこでも可能です。
ただし、血縁関係が遠くなるほど準備する書類が多くなります。

デメリット③プラン内容によっては割引の対象外も

冒頭でおうち割の割引額は500円~最大1,000円とお伝えしましたが、割引を受けることができないプランも中にはあります。
事前に自分の加入しているプランが割引が適用できるのか、また割引額はいくらになるのか確認しましょう。

おうち割の割引について

それでは、おうち割でどの加入プランでいくらの割引を受けることができるのか一覧にしてまとめてみました。
今回は現在ソフトバンクとワイモバイルで新規で加入することができるスマホなどのプランのみ紹介していきます。(2019年12月現在)

ソフトバンク
対象プラン 割引額
スマホデビュープラン 割引対象外
ウルトラギガモンスター+(プラス) 1,000円
ミニモンスター 1,000円
ワイモバイル
対象プラン 割引額
スマホベーシックプランS 500円
スマホベーシックプランM 500円
スマホベーシックプランR 500円

2019年の秋に法律が改正されソフトバンクやワイモバイルの料金プランが改訂されました。
これに伴いおうち割が適用できるプランも新しくなりました。
ソフトバンクのスマホは1,000円。
ワイモバイルのスマホは500円の割引と非常にわかりやすくなりました。

以前の料金プランに加入している方はおうち割を適用できるのかは事前に確認しましょう。

おうち割が適用できるインターネット回線について

上記でも紹介したソフトバンク光はもちろんおうち割が適用できますが、その他のインターネット回線でもおうち割は適用可能です。

その中でも特におすすめのインターネット回線がNURO光です。

NURO光でおうち割を適用する場合にはソフトバンク光のように指定オプションの加入は特に必要ないのですが、固定電話の契約は必要になります。
ただし、ソフトバンク光と同じく電話機は特に置く必要はありませんのでご安心ください!
月額料金として東日本エリアでは500円。西日本エリアでは300円の費用がかかります。

pointおすすめpoint!
NURO光は提供エリアが都市部のみと限定はされていますが、世界最速の下り10Gbps(ギガ)と驚くべき速度の光回線になります。

例えば、スマホの料金を安くしたいけど、工事が必要な固定回線は避けたい方にはソフトバンクが提供するソフトバンクエアーがおすすめです。

pointおすすめpoint!
ソフトバンクエアーはコンセントに挿すだけで工事不要のインターネット回線になります。
おうち割を適用するのにオプションや固定電話の加入は特に必要ありません。

まとめ

今回はソフトバンクやワイモバイルのスマホを利用している方がインターネット回線とセットにすることで毎月のスマホの料金を安くできるおうち割について解説しました。
スマホの料金を安くできるのは事実ですが、契約しているプランによっては割引が対象外の場合やオプションや固定電話の契約が必要であることは覚えておきましょう。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。