インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

通信速度が速いインターネット回線4選。元販売員がおすすめサービスを徹底比較。

速度の早いインターネット回線はどこか。という疑問をお持ちの方は多いかと思います。この記事では通信速度が速いインターネット回線についてまとめています。また、回線を選ぶうえでの注意点についてもまとめてみました。

通信速度が速いインターネット回線4選。元販売員がおすすめサービスを徹底比較。

インターネット回線を選ぶ際にみなさんは何を基準に選んでいますでしょうか?月額料金や通信速度、キャッシュバックや口コミと人それぞれですよね。 今回は多くの方が気にされるであろう通信速度に重点を置いて、通信速度が速いインターネット回線を紹介していきます。

通信速度が速いインターネット回線4選。元販売員がおすすめサービスを徹底比較。

速度を重視するなら2つのポイントに注目!

回線の速度を重視する方は次の2つのポイントが大切です。

①最大速度が何Gbps(ギガ)なのか?

最大速度は何Gbps(ギガ)なのか?

インターネットで検索をする場合やyoutubeやNetflixのような動画配信サービスを視聴する場合にはネット回線の速度が速いに越したことはないですよね。
通信速度が遅いとネットが重くなったり動画が止まってしまったりと不便に感じることでしょう。

一昔前に主流であったADSLの最大速度は50Mbps(メガ)と言われています。
現在、日本国内で利用できる最も早い光回線の最大速度は10,000Mbps(=10Gbps)です。
単純計算で光回線はADSLの200倍もの通信速度になります。

②IPv6プラスに対応しているか?

PPPoE接続とIPoE接続の比較画像

先ほど紹介した回線を道の幅に例えるとIPは乗り物のイメージになります。
IPがv6プラスというものに対応していればインターネットの速度は安定性が増します。

夜などのインターネットの利用者が多い時間帯は従来の接続通信(IPv4やIPv6)ですと回線が混雑して速度が落ちてしまう特徴がありました。

これを解決するのが「v6プラス」です。
他のインターネット回線では、別の名称で呼ばれることもありますが、正式名称は「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」になります。

IPv6では回線が混雑しているポイントを避けてインターネットに接続することができるようになったからです。
このためv6プラスを利用することで、混雑しやすい時間帯の夜でも極端に速度が落ちるケースが減り、今までより安定した速度で利用できるようになりました。

動画視聴に困らない回線選び

「家のインターネットは光回線なのに電波が悪い」とか「契約しているインターネットが思いのほかつながりが悪い」とお悩みの方は少なくないかと思います。

ADSLを利用している方だと話は別だが、ホームルーターや光回線を利用していてインターネット回線が遅いということは本来の回線速度を生かせていないのではないでしょうか。

自宅のインターネットのつながりが悪いと感じたときにまず確認するべきは安定して速度が出せているか、今の環境を最大限にいかせているかということが大事になります。
今使っているインターネット回線が遅いのですぐに切り替えるというのは結論が早いと思います。
では、何をすればいいのでしょうか。

利用中のWi-Fiルーターのスペックを確認する。

これが一番の解決の近道といっても過言ではありません。
もちろんv6プラス対応の確認やキャリアの電波状況など確認することも重要ですが、そもそもWi-Fiルーターの性能が低ければ安定した電波は飛ばすことはできません。

Wi-Fi環境をよくするために確認すること

Wi-Fiルーターのスペックを確認する。とはいっても何をどう見ればいいのか気になるかと思います。
そこでWi-Fiルーターについて確認する内容をいくつかまとめてみました。

ルーターを正しい場所に置く

ルーターを自宅のどこに置くのかは非常に重要です。
部屋の中はスッキリと見える方がいいのでなにか物の中に隠したいと思う方もいるでしょう。
ただし、通信環境の観点からは好ましくありません。
また、ルーターの電波は自宅の壁の材料などにも影響されるので
自宅の中で一番広い部屋に壁からはなして床から1~2mほどの高さに置くのが理想的で、ルーターにアンテナが付いている場合は広い範囲に広げられるように垂直に立てましょう。

ルーターの購入時期を確認する

Wi-Fiルーターが3年以上利用している古いタイプであれば新しいWi-Fiルーターに買い替えることをおすすめします。
Wi-Fiルーターの買い替えるタイミンングは約3年といわれており、今利用中のルーターがいつ頃購入したものか確認して思い出しましょう。

周波数を確認する

電子レンジや固定電話の子機などWi-Fiの周波数と同じ電波を利用する機器の干渉を受けている可能性があります。
最近のほとんどのルーターには2.5GHzと5GHzのどちらの周波数を利用するかをWi-Fiを接続したい機器から選べるようになっています。

ルーターをアップデートする

利用中のルーターのファームウェアをアップデートしましょう。
ファームウェアとはソフトウェアと似たようなもので、ルーターを動かすオペレーティングシステムになります。
パソコンやスマホのように利用可能な最新のアップデートの通知を受けることはできません。
最近のルーターでは管理画面にログインしてボタンを押せばファームウェアの更新ができるようになっています。

通信速度が速いおすすめのインターネット回線は?

では、上記で紹介した内容を踏まえて通信速度が速いおすすめのインターネット回線をまとめていきます。

NURO光:SONYが提供する高速インターネット

回線速度 2Gbps・6Gbps・10Gbps
v6プラスの対応可否
月額料金 戸建:4,743円~ マンション:4,743円~
Wi-Fiルーターのレンタル 無料レンタル
Wi-Fiルーターのスペック
・HG8045Q(Huawei)
通信規格IEEE802.11acに対応
最大速度1.3Gbps
・F660A(ZTE)
通信規格IEEE802.11acに対応
最大速度1.3Gbps

pointおすすめpoint!
NURO光でレンタルできるルーターは上記で紹介した機器以外にもありますが、通信規格IEEE802.11acに対応していない機器を設置された場合は無償で交換してくれます。

auひかり:KDDIの独自回線がポイント

回線速度 1Gbps・5Gbps・10Gbps
v6プラスの対応可否
月額料金 戸建:5,100円~ マンション:3,800円~
Wi-Fiルーターのレンタル 月額500円
Wi-Fiルーターのスペック
・BL1000HW(NEC)
最大速度2.4Gbps
通信規格IEEE802.11axに対応
・BL1000HW(NEC)
最大速度450Mbps
通信規格IEEE802.11nに対応

pointおすすめpoint!
auひかりはプロバイダを7社の中から自由に選択できますが、回線の最大速度に差はなく全てのプロバイダでv6プラスの接続が可能です。

コミュファ光:光回線の激戦区中部地方のおすすめ

回線速度 1Gbps・5Gbps・10Gbps
v6プラスの対応可否 ×
月額料金 戸建:5,250円~ マンション:5,250円~
Wi-Fiルーターのレンタル 710円
Wi-Fiルーターのスペック ・WH842X(NEC)
最大速度2.4Gbps
通信規格IEEE802.11axに対応

pointおすすめpoint!
コミュファ光は10Gbpsのインターネット回線だけでなく光電話や光テレビのオプションサービスと合わせて申込みすることで割引が入りかなり料金がお得になります。

eo光:顧客満足度NO1。関西で利用できる高速インターネット

回線速度 1Gbps・5Gbps・10Gbps
v6プラスの対応可否 ×
月額料金 戸建:4,953円~ マンション:3,124円~
Wi-Fiルーターのレンタル 96円
Wi-Fiルーターのスペック ・eo-RT150
最大速度2.4Gbps
通信規格IEEE802.11axに対応

pointおすすめpoint!
eo光の提供元であるオプテージは関西電力の系列であることから電気やガスのサービスとセットで利用することで割引が入るのでそれぞれお得に利用することが可能です。

まとめ

今回は通信速度の速いインターネット回線を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
もちろん速度の速いインターネット回線が使えるのに越したことはないですが、ネットが遅いと感じたら自宅のネット環境やルーターの設置場所またはルーターのスペックなど確認はしましょう。
それでも満足に利用できない場合には紹介したインターネット回線に切り替えてみてください。
紹介したインターネット回線以外にも今後高速のインターネット回線が新たに提供されたりするのか、または10Gbps以上の速度の回線が誕生するのか注目ですね。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。