インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

So-net光プラスのプロバイダサービスを徹底解説。料金や回線速度についての基礎知識

So-net光プラスをご契約する上で重要となるプロバイダサービスについてまとめてみました。月額料金やWi-Fiルーターの性能、通信速度に欠かせないIPv4・IPv6など通信プロトコルの解説、キャッシュバックなどのキャンペーンについて解説します。

So-net光プラスのプロバイダサービスを徹底解説。料金や回線速度についての基礎知識

インターネットの利用にはプロバイダサービスの契約が重要だとよく耳にするかと思います。 auスマートバリューの契約が適用できるなどauとの関係性が強いSo-net光プラスで提供されるプロバイダサービスは名前を見ての通りSo-netということになります。 So-net光プラスのプロバイダサービスについて基本情報を中心に細かく見ていきましょう。

So-net光プラスのプロバイダサービスを徹底解説。料金や回線速度についての基礎知識

利用できる最大速度の評判は

So-net光プラスのサービスの特徴は大きく分けて2つです。
1つはauとセットの割引が利用できるNTTフレッツの光回線ということ。
auとセットの割引を適用できる光回線は電力系サービスや、ケーブルテレビのサービスが多く、So-net光プラスのようなNTTフレッツの光回線を利用するパターンはかなりレアです。
もうひとつは、フレッツ光と同じく最大通信速度が1Gbpsという高速通信になるということです。
通信速度に注目した時に以下の2つが重要になります。

  • プロバイダの接続の方式
  • Wi-Fiルーターの性能

プロバイダの通信方式について解説

プロバイダサービスについて調べると、IPv4やIPv6、IPoE接続やPPPoE接続などの言葉が頻繁にみられるかと思います。
また、au、ドコモ、ソフトバンクそれぞれで提携するプロバイダサービスが異なるためその点は要注意が必要です。
実際のところこのプロバイダの通信方式が何を指しているのか理解している方は少ないのではないでしょうか。

まずはこの通信方式について見ていきましょう。

IPv6とIPv4の違いを簡単に解説

IPv6とIPv4の違いを簡単に解説

現在広く普及しているIPv4と、次世代のプロトコルと言われているIPv6とでは、どこが違うのでしょうか。
大ざっぱにいえばIPv4の運用実績から判断して、なるべく構造をシンプルにし、なおかつ今後必要となる機能を追加したものがIPv6です。

具体的な話としては、

  1. グローバルIPアドレスの数が多い
  2. セキュリティ機能を標準で装備している
  3. エンドユーザーの設定が簡単

上記の3点が大きな違いです。

ほかにも色々と違いはあるのですが、これらに比べるとあまり大きな差ではありません。
IPv6にしかできないこと、というのはほとんどありませんが、IPv4ではオプション扱いだった機能が標準装備とされ、便利になりました。
もちろんSo-net光プラスはIPv4とIPv6の両方に対応しています。

Wi-Fiルーターの性能

So-net光プラスではWi-Fiルーターの12ヶ月無料サービスを実施しています。(12ヶ月目以降は300円)
So-net光プラスでレンタルが可能なWi-Fiルーターは、スマホやパソコンなどで動画を視聴したりネット検索をするなどで利用する程度であれば全く問題のない性能をしています。
それに加えてIPv6/IPv4にも対応しているのでこの機械をつないで通信が遅い場合は元の光回線に問題がある可能性が高いです。

Wi-Fiルーターの12ヶ月無料サービスの詳細

提供機器の仕様

メーカー アイ・オー・データ機器 (IODATA)
機器名称 WN-AX1167GR2
対応OS
  • Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7(SP1以降)
  • macOS 10.8~10.13
  • Android:4~8
  • iOS:8~11
外形寸法
  • 縦置き 約150(W)×83(D)×157(H)mm(スタンド含む、突起部含まず)
  • 横置き 約150(W)×150(D)×42(H)mm(スタンド含む、突起部含まず)
質量(本体のみ) 約250g

無線LAN

無線LAN規格 IEEE802.11ac、IEEE802.11n、IEEE802.11a、IEEE802.11g、IEEE802.11b
伝送速度(※1)
  • IEEE802.11ac:(5GHz)最大867Mbps
  • IEEE802.11n:(5GHz)最大300Mbps
  • IEEE802.11n:(2.4GHz)最大300Mbps
  • IEEE802.11a:最大54Mbps
  • IEEE802.11g:最大54Mbps
  • IEEE802.11b:最大11Mbps
アンテナ方式 内蔵アンテナ×2(2.4GHz&5GHz送受信用×2)
対応プロトコル TCP/IP(IPv6/IPv4)
無線LAN規格 MACアドレスフィルタリング(最大32エントリー)、SSID通知のON/OFF、マルチSSID設定、自動チャンネル設定(オートチャンネル)、送信出力制限、WPS、WMM、Wi-Fi設定コピー、リピーター、MU-MIMO、ビームフォーミング
無線LANに接続できる機器の台数 推奨16台

ルーター部

有線規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3i(10BASE-T)
伝送速度 1000Mbps、100Mbps、10Mbps
LANポート RJ-45×4ポート
全ポートAuto MDI/MDI-X、Auto-Negotiation
対応プロトコル TCP/IP
インターネット接続方法 IPアドレス自動取得、PPPoE認証(1セッション)、IPアドレス固定、v6プラス、transix

上記の機器であればSo-net光プラスの光回線1Gbpsを目一杯活用することが可能です。
また、レンタルよりも量販店などで買ってしまう方がコストとしても抑えられると考えられる方は多いかと思いますが、Wi-Fiルーターは消耗品です。
長く使うと、セキュリティーに脆弱性がみられたり、通信が遅くなったりと通信環境に支障が出てきます。
おおよそ3年が交換のタイミングで、月300円×2年と考えると購入してしまうより金額は安いのかもしれません。

とにかく早いネットが欲しいと考える方は多いかと思います。
しかし、動画やSNSを視聴する程度の通信であれば最速と言われる、1Gbpsもの回線速度は必要ありません。
もし、通信が遅いと感じる場合は通信速度の判定サイトなどで現在の通信速度を判定して、確認してみてください。
動画の視聴に必要な通信速度の一例を下記に紹介しておきます。

動画視聴に必要な通信速度(※推奨速度)

動画サイト 推奨速度
YouTube 0.5Mbps
Amazonプライムビデオ 0.9Mbpsから15Mbps
dTV 0.5Mbpsから4Mbps
Netflix 0.5Mbpsから25Mbps
U-NEXT 1.5Mbpsから3Mbps
Hulu 3Mbpsから6Mbps

いかがでしょうか実際には1Gbpsどころか100Mbpsあれば余裕で視聴が可能です。
しかし視聴環境によってはどうしても通信が途切れることがあります。
そんな場合はWi-Fiの設定や設置位置を見直しましょう。

Wi-Fiのつながりが悪い時(設定について)

ご存知の方も多いかと思いますが多くのWi-Fiの接続には2.4GHzと5GHzの2種類の電波帯があります。
これらはそれぞれ特徴があります。

電波帯域 長所 短所
2.4GHz 壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。
各Wi-Fi端末が対応している。
色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑して不安定になりやすいです。
5GHz 基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定 しています。
2.4GHzと比較して、より高速な通信が可能です。
2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。

以上のように電波の帯域でそれぞれ違いがあります普段利用の場所を考えどちらの電波帯域を利用するか変更してみましょう。

Wi-Fiの接続が不安定な時(設置場所について)

上記の内容でもわかるようにWi-Fiでの接続はあくまでも無線で電波を飛ばしているため障害物に弱いです。
加えて2.4GHzの帯域は家電製品などの影響を受けやすい特徴があるので、今現在電波のつながりが悪い場合は、Wi-Fiルーターの設置場所を変更することで改善される可能性があります。
そのほかにも家自体が鉄筋コンクリートの場合やWi-Fiルーターからの距離が遠すぎる場合など原因は様々あります。
まとめると、Wi-Fiを利用するにあたって、通信には「安定」というものが一番のポイントとなります。
「安定」した環境でWi-Fiを利用されたい方は、光回線そのものだけでなくご自宅の設備もしっかりと確認しておきましょう。

月額料金はどうなの

So-net光プラスの料金についてご紹介します。

比較の対象がなければ判断がしづらいかと思うので、今回はフレッツ光にSo-netをプロバイダとして利用した料金と比較します。
So-net光の戸建てタイプを利用する場合、5,580円と利用中のスマホにauスマートバリューがかかる形になります。
一方でフレッツ光の場合、ネットの料金が5,000円とプロバイダ料金が1,200円かかるので6,200円となります。
比べると基本料金だけでもSo-net光プラスが700円ほど月額料金が安いことになります。
ここにauスマートバリューが入ると考えるとかなりお得ですよね。

キャンペーンについて

最後に申し込みのキャンペーンを紹介します。
So-net光プラスはドコモやソフトバンクのように店舗などの窓口は持ちません。
申し込むとなると基本的にwebからの申し込みになりますが、auスマホに適用されるauスマートバリューに関してはauショップの店頭でサービスを申込する形になります。
webの代理店によっては還元の金額が違うこともあるので注意しましょう。

30,000円キャッシュバック

現金還元では一番大きい還元となります。
開通後に送られてくるメールに振込先情報を入力することで還元を受けることができます。
また、申込の代理店によっては30,000円分のソニークーポンになることもあるようなので注意してください。

20,000円キャッシュバック+1000円×11ヶ月割引

こちらはキャッシュバックと月々の還元を同時に受ける形になります。
実際のところキャッシュバックとなると還元までに6ヶ月の期間がかかるようなので、その分を先に受け取ることができるので正直こちらの方がオススメです。

まとめ

最後に数ある光回線の中でもSo-net光プラスを検討中のあなた、So-net光プラスはauスマホとセットの割引(auスマートバリュー)が組めることに加えて、So-net光のインターネット回線は国内最高品質と呼ばれるNTTの回線を利用できるauユーザーにとってはかなり嬉しいサービスと言えます。
しかし、インターネット回線となると一度契約すると2年ぐらいでは解約するものではないと思うので慎重に選びましょう。
光回線でお悩みの場合、一度webの代理店やauの窓口などに相談してみることをお勧めします。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「So-net 光 プラス」をご検討中の方へ

インターネット回線でも契約出来る窓口はたくさんありますが、申込窓口によって料金案内が違ったり、
キャンペーン内容も異なるためどこを選んでいいかわからないことがよくあるかと思います。

私たちがおすすめしているSo-net 光 プラスお申込みWeb代理店は、
お客様に少しでも満足していただけるように日々模索しながらいろいろな提案を行ってくれます。

おすすめのポイントをまとめてみました!

  • インターネット回線に詳しいスタッフが多数在籍している
  • 業界の中でも高水準のキャッシュバック
  • キャッシュバックまでの還元時期が早い
  • 月額の料金や初期費用などわかりやすく説明してもらえる
  • 「So-net 光 プラスお申込み正規Web代理店」のイメージ画像