インターネット光回線情報メディア
インターネット光回線情報メディア|光ブログ

ドコモ光とソフトバンク光を徹底比較【2019年最新版】。気になる料金と速度の評判とは。

ドコモ光とソフトバンク光を料金・速度・評判を比較して解説しています。光回線の中でも特に人気のある携帯キャリア、ドコモ・ソフトバンクをご利用されているユーザーにとってキャンペーンやキャッシュバックもご紹介。この記事でお得にご契約しましょう!携帯料金に割引が入ったりとお得がいっぱい!

ドコモ光とソフトバンク光を徹底比較【2019年最新版】。気になる料金と速度の評判とは。

自宅に光回線を引こうと考えたときに、どこの会社で申し込むか悩みますよね。 「家族で使っているスマホのキャリアが違う!」 「速度が早いほうがいい!」 「割引が大きいのはどこ?」 「申し込みの特典が多いのは?」 などさまざまかと思います。 今回は、大手携帯キャリアであるドコモ光とソフトバンク光を現場で働くトップセールス が徹底比較しました!

ドコモ光とソフトバンク光を徹底比較【2019年最新版】。気になる料金と速度の評判とは。

ドコモ光とソフトバンク光の基礎知識

まず初めに、ドコモ光とソフトバンク光についての基礎知識をご紹介しておきます。

①提供元はNTT

どちらの回線も「光コラボ」と呼ばれるもので、NTT東日本/西日本が提供する光回線「フレッツ光」を借り受け、独自のサービスを付加しすることでより安価で各社のブランドとして光回線を販売しています。
そのためフレッツ光と根本は同じサービスという認識で問題ないでしょう。

②光コラボのメリット

インターネットの利用にはもともと「回線契約(今回の場合フレッツ光)」と「プロバイダ」の2つの契約が必要となりますが、「光コラボ」となると1つの契約で完結します。
また、「光コラボ」を利用することで現状の利用料金に上乗せで割引が入る方は多いようです。

③光コラボのデメリット

「光コラボ」を検討するなかでwebの口コミとしてよく上げられているデメリットがあります。
まず「回線速度」について、「光コラボは回線速度が遅い。」という口コミが見られます。
しかし、根本的にはNTTフレッツとプロバイダ契約の形式と仕組み自体は変わらないので、光コラボが原因とは考えにくいでしょう。
次に「プロバイダ解約による違約金」があげられます。
現状でプロバイダを契約している場合、継続利用であれば問題ありませんが、今回取り上げているドコモ光やソフトバンク光では指定のプロバイダーが存在するため、現状のプロバイダ契約の更新のタイミングは十分に注意したほうがいいでしょう。

料金が安いのはどっち?

ドコモ光とソフトバンク光それぞれの料金を比較していきましょう

ドコモ光戸建てタイプ

  • タイプA : 5,200円
  • タイプB : 5,200円
  • 単独タイプ : 5,000円
  • タイプミニ : 2,700円~5,700

ドコモ光マンションタイプ

  • タイプA : 4,000円
  • タイプB : 4,200円
  • 単独タイプ : 3,800円

ドコモの基本料金は、住宅のタイプと利用するプロバイダで変動してきます。
プロバイダが全26種類から選べる点はドコモ光の大きなメリットといえるでしょう。
割引に関して現在利用中のスマホのパケットプランによって100円~最大3,500円の割引が入ります。

ソフトバンク光

  • 戸建て住宅5,200
  • 集合住宅3,800

ソフトバンク光の最大のメリットは割引の回線数です。
インターネットサービス1回線につきスマホ10回線まで500円もしくは1,000円の割引が可能となります。
しかし、プロバイダは「Yahoo!BB」となるため他社サービスを選ぶことはできません。

料金まとめ

戸建ての料金は2社とも同じですが、集合住宅での料金はソフトバンクが少し安い形となります。
プロバイダ契約を25種類から選べるという点ではドコモでのメリットが強いです。
割引という点で見ると、家族でどれだけ同じキャリアを使っているかという点がポイントになります。
ドコモではパケットを分け合うシェアパックを利用することで通信料の無駄を省き、ソフトバンクでは最大10回線までの割引という形で複数回線への割引を利用して料金をおさえます
現状の契約が適正なものになっているか確認してみましょう。

どちらも初期費用実質0円!

ドコモ光

ドコモ光の工事費は戸建てタイプ18,000円、マンションタイプ15,000円となっています。
しかし、毎月のドコモ公式のキャンペーンにより、初期工事費無料やdポイント10,000~3,000ポイントの還元など工事費用より多い還元が出る形になります。
また、乗り換えの場合ここでもdポイントでの還元が出るタイミングがあるようです。
時期によってキャンペーンは違うのでインフォメーションセンターに問い合わせてもいいかもしれません。

ソフトバンク光

ソフトバンク光の工事費は戸建て・マンション共に24,000円となっています。
他社から光回線の乗り換えの場合や引っ越しと同時に申し込む場合、毎月1,000×24回の割引もしくは24,000のキャッシュバックが受けられます。
こちらに関しても時期によってキャンペーンが違うのでインフォメーションセンターなどへの問い合わせが確実でしょう。

まとめ

どちらも工事費に関しては実質0円となっています。
ドコモの工事費無料キャンペーンが実施されている期間は、ソフトバンクと違い工事費の分割金が残ることがないので大きなメリットと言えるでしょう。
一方ソフトバンクは基本的にキャッシュバックを行うので、現金還元という点においてメリットが見られます。

契約年数について

ドコモ光

ドコモ光の契約年数は2年の自動更新となっており、更新月以外の解約となると戸建てタイプで13,000円、マンションタイプで8,000円の解約金がかかります。
また各プロバイダーごとで解約金がかかる場合があるので注意が必要です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光の契約年数は2年の自動更新と5年の自動更新の2種類が選べます。
特にソフトバンク光テレビを申し込む場合は5年の自動更新になる場合が多いようです。
2年の更新の場合9,500円、5年の更新の場合15,000の解約金が発生します。

契約年数まとめ

月額料金で見たときにネットの契約だけでなくソフトバンク光テレビの契約を合わせるとソフトバンク光のほうが月額料金が安くなります。
しかし、更新の時期も長くなるため、今の自宅を引っ越しする予定がある方へおすすめはできません。
集合住宅にお住まいの方はドコモ光での契約の方が解約金が少ないためメリットは大きいでしょう。

プロバイダについて

ドコモ光

ドコモ光ではタイプAで20種類、タイプBで5種類と多くのプロバイダを選ぶことができます。

タイプA

ドコモnet・plala・GMOとくとくBB・So-net・DTI・@nifty・ic-net・Tigers-net.com
andline・BIGLOBE・エディオンネット・SIS・SYNAPSE・excite・hi-ho・Rakutenブロードバンド
TiKTik・@ネスク・COARA・U-Pa!

タイプB

OCN・@TCOM・TNC・WAKWAK・AsahiNet・@ちゃんぷるネット

現在プロバイダサービスを契約中の方は一度利用中のプロバイダが入っていないか確認しましょう。
プロバイダによっては更新のタイミング関係なく切り替えができる場合があるようです。
また、ドコモ光はプロバイダと回線を別で契約する単独タイプという選択もあります。
プロバイダは変えたくないが、ドコモ光を契約したいという方は要チェックです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光のプロバイダサービスはYahoo!BBとなっており他のプロバイダサービスは選べません。

プロバイダまとめ

プロバイダ契約という点で見たときは選べるプロバイダサービスが多い分ドコモ光が優勢といえるでしょうか。
ソフトバンク光はYahoo!BBを現在利用しており、メールアドレスなどをどうしても継続して使いたい場合にお勧めです。

まとめ

最後に今回の記事の総評をまとめました。

ドコモ光

  • 料金体系が選べる
  • キャンペーンのタイミングによっては工事費の分割が不要
  • 契約更新は2年
  • 全25種から選べるプロバイター

ソフトバンク光

  • マンションタイプが安い
  • 工事費の分割が大きい
  • 契約更新は2年もしくは5年
  • プロバイダはyahoo!BB

もちろん現在契約中のスマホ回線にもよりますがトータルしてドコモが勝っているイメージでしょうか。
しかしながらソフトバンクもソフトバンクAirを販売していたりなど勝てない部分を補っているイメージはあります。
ドコモ光もソフトバンク光も共通して言えることはスマホ回線とインターネット回線を組み合わせることで料金が安くなるということです。
光回線をご契約の際はまず実際にweb代理店や店頭、インフォメーションセンターへ問い合わせて見積もりを出してみることをお勧めします。

※出来る限り細かな精査を行っていますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もございますのでご留意下さい。

「ドコモ光」をご検討中の方へ

ドコモ光回線の申込み窓口は非常に重要です。
各店舗(ドコモショップなど)でもそれぞれ特典などが変わりますし、スタッフの対応次第で内容が良くなったり悪くなったり…ということも事実あります。
ドコモ光を申し込むにあたり、プロバイダを選ぶ必要があります。
申込むプロバイダによってサービスが異なり、申込先によってはキャッシュバックも異なるため、
当サイトがおすすめの申込窓口を紹介させていただきます!

  • おすすめのお申込み窓口 GMO
  • キャッシュバックが最大2万円
  • dカードGOLDの申込も一緒にできる
  • v6プラス対応のルーターをレンタルできる
  • ドコモ光と同時に申込めるサービスが多数
  • 訪問サポートが無料で受けられる